球速アップ,球威アップ,キネティックチェーンについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2015年06月29日

球速を根本的にアップさせるための運動連鎖

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


球速をアップさせるために、一生懸命筋トレをする投手がいます。確かに筋トレをすれば見た目の球速はアップしますが、しかしそれは主に初速がアップしているだけなのです。腕力を使って速いボールを投げようとすれば初速はアップしますが、ボールに与えられるバックスピンは減ってしまいます。すると打者の手元に来て失速し、どんなに初速が速いボールを投げられても、安定した成績を残すことはできません。

では球速をアップさせるためにはどうすればいいのでしょうか?その答えは簡単です。位置エネルギーを増幅させればいいのです。位置エネルギーとは非軸脚を振り上げ、足部を接地させた時に発生するエネルギーです。つまり高いところから物を落とした時に発生するのが位置エネルギーというわけです。

物理的には非軸脚を高く勢いよく振り上げるほど位置エネルギーは大きくなり、球速はアップしやすくなります。しかし投球動作とはキネティックチェーン(運動連鎖)が重要であるため、ただ脚を高く上げるだけでは球速はアップしません。高く脚を上げたメカニズムを活かすための、前後の適切な動作が必要になってくるのです。

速いボールを投げるためには、鋭いボディスピンが必要です。これは非軸脚側股関節の回転運動によって作り出す物なのですが、良い回転運動は良い位置エネルギーによって生まれます。そして良い位置エネルギーは良い並進運動によって生まれます。さらには良い並進運動は良い体重移動の仕方によって形作られます。

このように投球動作は、大雑把に見てもこれだけの連動があってこその投球動作になるのです。150キロのストレートを投げられる投手の指先の移動速度を測っても、せいぜい100〜110キロ程度です。つまり腕を全速力で振ったとしても、球速に与えられる良い影響はわずかしかないのです。

球速アップは、理想的なキネティックチェーンによって目指すものです。どこか1〜2カ所を良くしただけでは根本的な球速アップには繋がりません。制球力アップは無駄な動作を省く作業になるわけですが、球速アップは無駄のない動作をしっかりと連動させていく作業になるのです。

もしキネティックチェーンが上手く行っていない状況であれば、筋トレをまったく増やすことなく、動作改善をするだけで球速をアップさせることができます。これがLittlerockheartの球速アップ法です。肩や肘への負荷が大幅に増える球速アップ指導は一切行っていません。

一生懸命トレーニングをしても球速がなかなかアップしない投手は、ぜひLittlerockheartのコーチングを受けてみてください。きっと球速をアップさせられるはずです。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 食事で強い体を作ろうとする際に気をつけたいこと
次のコラム 斎藤佑樹投手の投球動作分析

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾