スティーブンストラスバーグについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > ストラスバーグ投手の投球動作分析

ストラスバーグ投手の投球動作分析


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

ワシントンナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手は、類稀なる素晴らしいピッチャーです。大学時代にすでに100マイル(160キロ)をマークしているだけあり、躍動感を感じる瞬発力が利いた投球動作で投げています。しかしこの豪球が諸刃の剣となってしまっているのか、ストラスバーグ投手はメジャー1年目にトミージョン手術を受け、2015年の今季も肩の不調で降板してしまいました。

ストラスバーグ投手はなぜこんなにも肩肘の故障が多いのでしょうか?わたしは100マイルという球速以上に、投球動作に原因があると考えています。まず根本的に投球時、肘が下がっている点に目がいきます。これが特徴といえば特徴なのですが、やはり目視で下がっているとわかるというのは、下がり過ぎという評価になります。

ストラスバーグ投手の場合、胴体はオーバーハンドスローの使い方をしていて、スローイングアームはサイドハンド気味のスリークォーターになっています。これがストラスバーグ投手の肘が下がっている大きな要因です。やはり体の部位すべてで同じ動作を取れなければ、体への負荷はその分大きくなってしまいます。

そう考えるとストラスバーグ投手の場合、胴体をサイドハンドスローの角度に近づけるか、スローイングアームをオーバーハンドスローに近づけるか、という選択肢になってきます。ですがオーバーハンドスローで統一をすると、球速そのものは低下してしまいます。ストレートの伸びはアップするはずですが、100マイルという数字を出すのは難しくなるでしょう。そう考えると胴体をサイド気味のスリークォーターの角度に近づけていった方が、ストラスバーグ投手の魅力を損なわずに済むのかもしれません。

そしてもう1点、投球動作で気になるところがあります。それはフォロースルーです。フォロースルーとは、ボールを投げても使い切れなかった体内エネルギーを解放してあげるための非常に重要な動作です。しかしストラスバーグ投手の場合、そのフォロースルーの途中でブレーキをかけてしまっているのです。運動動作の中で最も大きな負荷がかかるのは、ブレーキをかける動作です。本来はエネルギーを解放しなければならない段階なのに、ブレーキをかけることによってそれができなくなり、体内に余ったエネルギーを体内に残したまま投球動作を終えることになっています。これが肩肘に大きな負荷となってしまっていると、わたしは考えています。

例えば同じライトハンダーのディグロム投手の投球動作を見てみましょう。


フォロースルーが途中で止まることなく、右手で左腰を触れるくらい長くフォロースルーを取ることにより、長い距離を使ってスローイングアームを徐々に減速させていっています。ストラスバーグ投手のフォロースルーと比較をすると、その違いは一目瞭然です。ディグロム投手もプロ入り直後にトミージョン手術を受けているのですが、これは長身投手のひとつの宿命とも言えます。長身で腕が長いとそれだけ大きな慣性モーメントが働くことになり、肘にかかる外反ストレスも大きななりがちです。ちなみにストラスバーグ投手もディグロム投手も193センチという長身です。

ストラスバーグ投手が今後、球威をそれほど低下させることなく故障のリスクを低下させるためには、体幹をサイドハンドスローの使い方に少し近づけることにより、相対的に肘を肩線分まで上げていくということと、フォロースルーをもっと長い距離を使って行うという2つが大きなポイントになるのではないでしょうか。このマイナーチェンジを実現させられれば、ストラスバーグ投手もきっと故障に強い投手に進化していけるはずです。
今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 伸びのあるストレートとは?キレのある変化球とは?
次のコラム 肘が下がってしまう投手の典型的なトップの作り方
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾