Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコース(完売)スラッガー養成コース(完売)の10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2015年04月28日

投球動作における支点は肩か?肘か?それとも?!


今回は投球動作における支点についてお話ししていきたいと思います。支点というのは、例えばテコの原理や天秤であれば、中間地点の作用点ということになります。そして支点の位置は固定されていることが前提となります。支点について考える際は、これを忘れてはいけません。動いてしまっては、それは支点にはならないためです。

投球動作における支点は肩と肘のどちらなのか?という議論をたまに耳にします。しかしこのどちらでもありません。結論から言うと、投球動作における支点は非軸脚側の股関節(右投手は左股関節、左投手は右股関節)です。

あらゆる運動動作の中で、体に最も大きな負荷がかかるのは止める動作です。投手の場合は利き腕でボールを投げるだけでも大きな負荷がかかっているのですから、そこに停止動作まで加えてしまってはいけないわけです。もし肩や肘を支点とする場合、ボールリリース以前の段階で肩、もしくは肘の動き(移動)を停止させる必要があります。そうしなければ支点として機能しないためです。繰り返しますが支点とは、位置が固定されている必要があるのです。

もしもテコの中心の作用点や、天秤でバランスを取っている真ん中の作用点が移動してしまっては、テコの原理は働きませんし、天秤もバランスを取ることはできません。そうならないためにも、支点とは絶対に固定されている必要があるのです。

並進運動を進めていき、振り上げていた非軸脚側の足部が接地した瞬間、並進運動は回転運動に変身します。これに関しても股関節を、足部が接地した瞬間の位置で固定できなければ支点として利用することはできません。股関節を支点として使えなければ肩や肘を支点として使うようになってしまい、あっという間に野球肩や野球肘になってしまいます。

非軸脚側の股関節を支点として上手に使えるようになると、まず上半身が突っ込みにくくなります。するとボールリリース前の加速動作がスムーズになり、リラックして投げても球速が出るようになります。

大事なことですのでまた繰り返しますが、投球動作における支点は肩でも肘でもなく、非軸脚側の股関節です。間違ってもボールリリース前に肩や肘の位置移動を停止させ、肩肘を支点として使うことはしないでください。肘を支点にすれば靭帯を痛めやすく、肩を支点にすれば肩の後方を痛めやすくなりますので、ご注意ください。

野球塾Littlerockheartコーチングメニュー
ピッチングとバッティング、両方のコーチングを同時に受けられるパスポートコーチングの受付は、2018年8月26日で終了となりますので、お早めにご相談くださいませ。


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:ピッチングモーション
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 雨で濡れたボールをパンツで拭いてはいませんか?
次のコラム 伸びのあるストレートとは?キレのある変化球とは?

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.