並進運動,クイックスロークイックについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2015年03月23日

1・2〜・3のリズムで下半身主導の投球をしよう

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


投球モーションは「クイック・スロー・クイック」のリズムで作る必要があります。「1・2・3」とリズムよく投げてしまうとタメを作れないばかりか、打者がタイミングを取りやすくなってしまいます。そうならないためにも「1・2〜・3」という風に、2をスローにしてみてください。

1非軸脚を振り上げる、2並進運動、3ボールリリース

2をスローにさせるためには、1と3をよりクイックにしていく方法もあります。腹筋が弱い投手の場合、1がクイックにならないケースが多くなります。非軸脚を振り上げる動作は腸腰筋群という腹筋を使うのですが、ここが弱い選手は脚を高く上げられないだけではなく、素早くあげることも難しくなります。そして腸腰筋とハムストリングスのバランスは運動能力に直結し、このバランスが悪いとなかなか運動能力が向上していきません。ですので非軸脚はできるだけ高く素早く振り上げるように心がけてください。

さて、2の並進運動そのものをスローにするためには、ワインドアップ時の非軸足の引き幅が重要になってきます。ワインドアップやノーワインドアップで投げる際、投手はまず両足でピッチャーズプレートを踏んだ状態から、非軸足を一歩後ろに引き、そこからその脚を振り上げていきます。この一歩引く動作は並進運動に対する助走になりますので、この一歩が大きすぎてしまうと勢いが余ってしまい、並進運動をスローにすることができなくなります。

非軸足を一歩後ろに引くのは、助走というよりはきっかけというように考えた方が良いかもしれません。並進運動を開始するきっかけとして非軸足を一歩後ろに引く、こう考えれば勢いが大きくなりすぎることもなくなると思います。

並進運動はクイックになってしまうほど上体が先行しやすく、上半身投げになりやすいのです。下半身主導で、体全体を使って投げるためにも、並進運動はスローを意識してください。「1・2・3」ではなく、「1・2〜・3」のリズムで投げられれば、スローイングアームを遅らせて出せるようになり、その結果しっかりと下半身主導で投げられる動作が身についていきます。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム フロントドアというシュートを投げる際の注意点
次のコラム 運動能力を見る見る高めてくれる腸腰筋と大腿二頭筋

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾