運動連鎖,キネティックチェイン,キネティックチェーン

トップページ > 投手育成コラム > 投球動作は多数の細かい動作を連結させて作るもの

投球動作は多数の細かい動作を連結させて作るもの

投手コーチングをしていてよく思うのが、投球動作内の複数の動作を上手く連結させられていない、という点です。投球動作はいくつもの動作を繋げて作っていくものなのですが、それが分断されている投手が非常に多いようです。例えば極端な例では、脚を振り上げて、軸足一本でバランス良く立って、それから併進移動を始めて行って、というような動作です。このように見える投球動作は、一連の動作を連動させられていない、ということになります。

脚を振り上げた際に軸足一本でバランス良く立ってしまうことも、投球動作を分断させてしまい、パフォーマンスを低下させる大きな原因となってしまいます。パフォーマンスを向上させていくためには、軸足一本でバランス良く立っては絶対にダメです。振り上げる方の脚の靴が地面を離れた瞬間から、スローモーションのようにゆっくりと併進移動を開始していきます。こうすることによって複数の動作を連動させられるようになります。

プロ野球の一流投手の中には、軸足一本でバランス良く立っているように見える投手もいます。しかしこれはほとんどの場合立っているのではなく、強靭な内転筋により、まるで静止したかのようにゆっくりと併進移動をしている状態なのです。ちなみにこの時軸足一本でバランス良く立ってしまうと、二段モーションによりきっかけを与えてあげなければ、スムーズに併進移動に入っていくことができません。

そしてスムーズに併進移動ができないということは、体重移動も上手くいかないということになり、軸足に体重が残ってしまったり、逆に突っ込んでしまったりといった動作になってしまいます。そうならないためにも、投球動作内に組み込まれている数々の動作を、すべて連結させていく必要があるのです。いわゆるキネティックチェーン(運動連鎖)というものですね。

あなたの投球動作、もしくはお子さんの投球動作は分断されてはいませんか?分断されてしまうとパフォーマンスが低下してしまい、その低下を補うために筋力に頼ってボールを投げるようになり、故障に繋がってしまうというケースも少なくありません。最小限の力で、最大限のエネルギーを生み出すため、投球動作内の多数の動作をしっかりと連結させられるようにしてください。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム ボールがスライダー回転してしまう際の簡単な改善方法
次のコラム 関節を活性化させてパフォーマンスを向上させよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾