Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年10月20日

投球動作は多数の細かい動作を連結させて作るもの


投手コーチングをしていてよく思うのが、投球動作内の複数の動作を上手く連結させられていない、という点です。投球動作はいくつもの動作を繋げて作っていくものなのですが、それが分断されている投手が非常に多いようです。例えば極端な例では、脚を振り上げて、軸足一本でバランス良く立って、それから併進移動を始めて行って、というような動作です。このように見える投球動作は、一連の動作を連動させられていない、ということになります。

脚を振り上げた際に軸足一本でバランス良く立ってしまうことも、投球動作を分断させてしまい、パフォーマンスを低下させる大きな原因となってしまいます。パフォーマンスを向上させていくためには、軸足一本でバランス良く立っては絶対にダメです。振り上げる方の脚の靴が地面を離れた瞬間から、スローモーションのようにゆっくりと併進移動を開始していきます。こうすることによって複数の動作を連動させられるようになります。

プロ野球の一流投手の中には、軸足一本でバランス良く立っているように見える投手もいます。しかしこれはほとんどの場合立っているのではなく、強靭な内転筋により、まるで静止したかのようにゆっくりと併進移動をしている状態なのです。ちなみにこの時軸足一本でバランス良く立ってしまうと、二段モーションによりきっかけを与えてあげなければ、スムーズに併進移動に入っていくことができません。

そしてスムーズに併進移動ができないということは、体重移動も上手くいかないということになり、軸足に体重が残ってしまったり、逆に突っ込んでしまったりといった動作になってしまいます。そうならないためにも、投球動作内に組み込まれている数々の動作を、すべて連結させていく必要があるのです。いわゆるキネティックチェーン(運動連鎖)というものですね。

あなたの投球動作、もしくはお子さんの投球動作は分断されてはいませんか?分断されてしまうとパフォーマンスが低下してしまい、その低下を補うために筋力に頼ってボールを投げるようになり、故障に繋がってしまうというケースも少なくありません。最小限の力で、最大限のエネルギーを生み出すため、投球動作内の多数の動作をしっかりと連結させられるようにしてください。

小学生〜大人まで個別指導可能のピッチングマスターコースは、全投手育成コラムを執筆しているチーフコーチが指導を担当いたします!



Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:ピッチングモーション
コラム著:Coach Kaz
前のコラム ボールがスライダー回転してしまう際の簡単な改善方法
次のコラム 関節を活性化させてパフォーマンスを向上させよう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.