投手,身長,長身

トップページ > 投手育成コラム > 長身投手が大成するために必要な技術

長身投手が大成するために必要な技術

以前「長身じゃない方が投手として大成しやすい」というコラムを書きましたが、これはもちろん長身投手は大成できないという内容の記事ではありません。190cmを越えるような長身投手の場合、180cm前後の投手と比較をすると、故障のリスクを軽減し同時にパフォーマンスを向上させるためには、より高度な技術が必要になってくるのです。

ダルビッシュ投手のように長身の割にそれほど腕が長くないような特殊な場合を除き、長身選手は一般的に手足が長くなります。腕が長いということだけを見ていっても、長身で腕が長い投手の場合慣性モーメントが大きくなります。慣性モーメントとは運動軸と、手に握ったボールの間の距離のことで、この距離が遠くなるほど肩肘への負荷は高まりやすく、投球をコントロールすることも難しくなります。

長身投手が故障のリスクを軽減させ、パフォーマンスをアップさせるためには、手に握ったボールを運動軸(脊柱軸とは別)に近づけられる動作を習得する必要があります。例えばランディ・ジョンソン投手は208cmという長身で、若い頃はノーコンで有名な投手でした。しかしトム・ハウスという名コーチの指導を受け、慣性モーメントを小さくするための動作を習得することにより、故障も少なくメジャーで通算303勝を挙げる大投手へと進化していきました。

日本にも長身投手はたくさんいますが、指導者が指導方法を誤ってしまうと慣性モーメントが大きいままの投球動作になってしまい、パフォーマンスが安定しなくなります。速いボールを投げられたとしても、思ったところに思うようなボールを投げられない投手になってしまいます。

長身投手の場合、慣性モーメントを小さくし、その上で長い手足を活かした投球動作を習得することができれば、これは非常に大きな武器となります。例えば大谷翔平投手藤浪晋太郎投手のように、長身でも高いパフォーマンスを発揮できるようになります。つまり「長身」というのは投手にとっては諸刃の剣というわけなのです。高い技術を習得できれば長身を活かすことができ、習得できなければ故障しやすくパフォーマンスも低下してしまいます。この差が一般的な身長の投手よりも極端になりやすいのが、長身投手ということになります。

もし190cmを越える長身で、投手として高い技術を習得されたいという方は、プロアマ問わずぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾に一度ご相談ください。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 先発投手に立ち上がりが苦手な投手が多い理由
次のコラム ボールがスライダー回転してしまう際の簡単な改善方法
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾