先発投手,立ち上がり

トップページ > 投手育成コラム > 先発投手に立ち上がりが苦手な投手が多い理由

先発投手に立ち上がりが苦手な投手が多い理由

なぜ先発投手の中にはどうしても立ち上がりから好投できない投手が多いのだと思いますか?今回はその理由の一つについて書き進めていきたいと思います。

その前にまず、先発投手と中継ぎ投手の違いについて考えてみたいと思います。先発投手というのは基本的には長いイニングを投げるため、体力などのペース配分を考えながら投げます。そのため最初から飛ばしていく先発投手はほとんどいません。一方中継ぎ投手はほとんどの場合1イニングのみだったり、アマチュア野球でも多くの場合3イニング前後しか投げることはありません。そのため最初から最後までアクセル全開で投げ続けることができるのです。

先発投手が常時70%くらいの力で投げているとすれば、中継ぎ投手は90%以上で投げている、と言うことができます。この力配分が今回のお話では重要になってくるのです。

試合という本番の場では、誰しも緊張するものです。よほど肝が据わった、心臓に毛が生えていると言われそうな投手でない限り、マウンドに登れば誰しもが多かれ少なかれ緊張を感じます。緊張感というのは体を硬直させるデメリットがあるのです。体が硬直するということは、リラックスできないということになり、70%前後の力で良いボールを投げることも難しくなります。

一方常に全力投球をしている中継ぎ投手の場合、緊張して体が多少硬直したとしても、力一杯投げることでその硬直を取り払うことができるのです。つまりマウンドでの緊張感を覚えていたとしても、パフォーマンスにそれほど大きな影響を与えることはありません。

ですが先発投手の場合は、中継ぎ投手以上に球質や制球力が求められます。多少なりとも硬直している状態ではリラックスして投げることはできませんので、ボールの回転数は減り球質が低下し、いつもの制球力も失ってしまうということになります。これが先発投手によくある、立ち上がりがスムーズに行かない原因だとわたしは考え、選手たちにはこれを改善するための方法をたくさんアドバイスしています。

先発投手は立ち上がりが悪くても、2回3回くらいまでにはいつもの調子に戻ることがほとんどです。つまりそれくらいになると緊張感も和らぎ、いつも通りに投げられるようになるということなのです。

このようなメンタリティ(野球心理学)に関しては投球動作改善クラスで解説していますので、ご興味ある選手はぜひ一度クラスを受講しにいらしてください。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム ボールが抜ける原因の一つとなる弾性力の弱さ
次のコラム 長身投手が大成するために必要な技術
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾