球速,球威,背筋について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年09月04日

背筋を鍛えれば球速が上がるということの真意

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

力強い速球を投げるためには、強い背筋が必要だとよく言われます。また、背筋が強ければ力強いボールを投げることができるとも言います。例えば松坂大輔投手は背筋が非常に強いため、高校生の頃から唸りを上げるストレートを投げていました。ですが勘違いをしてはいけません。「背筋を強くする=球威がアップする」という式は成り立たないのです。

背筋を強化することは、確かに球威をアップさせることに繋がります。しかしそれはあくまでも、背筋を効果的に使う投球動作であることが前提となるのです。例えば前へ突き出したリーディングアーム(グラブ側の腕)を、水を掻くような動作で肘を伸ばしたまま背中側に持っていく投手がいます。この動作では背筋を効果的に使うことが難しいため、背筋を鍛えたとしても球威が劇的にアップすることは考えにくくなります。さらに制球力も不安定になりやすい動作とも言えます。

ではどうのようにして背筋を使うかと言うと、肩関節を内旋させて前へ突き出したリーディングアームを、今度は肩関節を外旋させながら肘を曲げて脇腹に持っていきます。この一連の動作で、リーディングアーム側の胸郭を開いていきます。胸郭を開くこの動作が、投球動作に鋭さを与え、球威・球速をアップさせるのです。そして背筋が弱いと、胸郭を一気に開いていくことができません。そのため球威・球速がアップしにくくなるのです。

球威をアップさせるために一生懸命背筋を鍛えている投手も多いと思います。しかしただ背筋を鍛えるだけでは初速をアップさせることしかできず、伸びのある力強いストレートを投げることはできません。背筋を鍛えたのならば、その背筋を効果的に使う投球動作を身につけていってください。

ちなみにいくら背筋を鍛えても、動作改善をしようとしても、普段の生活で猫背の選手は肩甲骨の可動域が狭まってしまい、やはり背筋を最大限活かすことができなくなってしまいます。パフォーマンスを最大限高めるためにも、普段の姿勢にもぜひ注意をしていただければと思います。

投球動作に於ける背筋の効果的な使い方は、かなり難しい技術となります。このコラムを読むだけではなかなかピンと来ないと思いますので、背筋を効果的に使うことで球威・球速のアップを目指したい投手は、ぜひLittlerockheartのコーチングを受けてみてください。


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 踏み出し足を踵から接地させる際の注意点
次のコラム ボールが抜ける原因の一つとなる弾性力の弱さ

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾