踵,着地,接地

トップページ > 投手育成コラム > 踏み出し足を踵から接地させる際の注意点

踏み出し足を踵から接地させる際の注意点

野球教則本によっては、振り上げて接地して行く足部(スパイクを履いた部位、右投手なら左足部、左投手なら右足部)を踵から接地させるのが良いと書いてあることがあります。確かにこれは間違いではないですし、これで良いパフォーマンスを得られる投手もいます。しかし注意しなければならない点があります。それは踵からランディング(接地)することにより、重心が踵を中心に乗ってしまわないようにする、という点です。

ランディング後につま先が浮いてしまい、踵を中心にして体を回してしまう投手や、バランスを崩してしまう投手をよく見かけます。そしてそのような投手が制球力に優れていることはまずありません。ありえない、とまでは言いませんが、しかしそれでも制球力に自信を持てる投手はほとんどいないはずです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾では基本的には、踏み出して行く足部はベタ足でランディングさせていくようにコーチングをしています。その理由は前述の通り、重心が踵に乗り過ぎて、股関節ではなく踵で回ってしまうことを防ぐためです。投手にとって回転運動は不可欠であるわけですが、それはあくまでも踏み出して行く側の脚の股関節で回る必要があるのです。そうしなければ投球動作に於いて体全体が開きやすくなり、パフォーマンスを低下させてしまいます。

動作全体を安定させ、パフォーマンスを高めるためにも、踏み出して行く足部はベタ足でランディングしていくことをオススメいたします。また、踵から接地していったとしても、重心は足部の裏全体に満遍なく乗せられるようにしてください。それができるようになったら足の裏を縦半分に分けて、親指側の内側半分:小指側の外側半分を、6:4くらいで使えるようになると、さらに踏ん張りが利くようになります。

この足部を良い形で使うためにも、やはり足部以外をどのように使うかが大切になってきます。他の部位も良い形で使えてこその、この足部の使い方となります。非常に細かく難しい動作となりますので、ぜひ実際にCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けることにより、適切な動作を身につけて行ってください。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 実は肩肘を痛めやすいフォークとチェンジアップ
次のコラム 背筋を鍛えれば球速が上がるということの真意
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾