TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 投手の回転運動は腕ではなく股関節を回すためのもの

投手の回転運動は腕ではなく股関節を回すためのもの


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

ボールを投げる動作に於いて、回転運動の存在は不可欠です。しかしCoach Kazのマンツーマン野球塾では、回転運動そのものの指導は行いません。それどころか、回転運動を意識しないようにとコーチングしています。それは何故なのか?その理由はCoach Kazのマンツーマン野球塾では、投球動作に於ける回転運動とは自然発生させるものであり、主体として行ってはならないと考えているためです。

回転運動ありきで投球動作を考えてしまうと、どうしてもスローイングアームを強く大きく振るようになってしまいます。つまりスローイングアームをフルスウィング(全力投球)してしまうということですね。こうなると肩肘を痛めるリスクを高めてしまうばかりではなく、初速と終速の差が大きい伸びのないストレートになりやすいのです。

スローイングアームは振るものではなく、後ろから前へ送るものだと考えてください。弓矢やダーツのようなイメージです。もちろん弓矢やダーツほどの直線運動を取ることは難しいのですが、しかし大切なことはそこに動作を近づけていくということです。真後ろにテイクバックし、ボクサーのパンチのように真ん前へとボールを送っていくと考えてください。

さて、ここからは回転運動についてです。回転運動は意識すべきではないのですが、前述の通り投球動作に於いて回転運動は不可欠なものです。と言うのは、振り上げた脚を踏み出していき着地をすると、並進エネルギーが回転エネルギーへと変換されるためです。つまり適切な並進運動を取り、振り上げた脚を着地させると、自動的に回転運動は発生するのです。

この時、着地した時の衝撃が大きければ大きいほど、並進エネルギーの回転エネルギーへの変換率も大きくなります。ですが地団駄を踏むようにして衝撃を大きくしてはいけません。これでは並進エネルギーがキャッチャーミット方向に働かなくなってしまいます。衝撃を大きくするためには適切な骨格筋の使い方によって、適切な動作を行わなくてはなりません。そのためには位置エネルギー、反力エネルギー、並進エネルギーを効率よく生み出す必要があり、また、そのためには適切な投球動作が不可欠となります。

ちなみに投球動作に於ける回転運動は、スローイングアームを回すためのものではありません。右投手なら左股関節、左投手なら右股関節を回すためのものです。これを間違ってしまうと適切な動作が取れなくなってしまうため、ご注意ください。
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾