ピッチャー,タメ,投手について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年06月06日

簡単にタメを作ってボールを投げるための方法

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


ピッチング指導に於いてよく「タメ」という言葉を耳にしますが、今回はまた改めてこの「タメ」に関しての解説をしてみたいと思います。ちなみに皆さんは「タメ」というものを正しく理解できていますか?実はLittlerockheartのコーチングを受けてくださった選手に同じ質問をしてみても、本当に正しく答えられる投手はほとんど皆無でした。

一番分かりやすいところで、胸の向きで考えていきましょう。タメのある投球動作である場合、胸が捕手と正対するのはボールをリリースするほんの一瞬前というタイミングになります。逆にタメがない投球動作である場合、かなり早い段階で胸が捕手と正対してしまいます。また、正対に向かって行くタイミングも早い段階で訪れる傾向が強くなります。

ではタメのある形で投げるためにはどうすれば良いのでしょうか?シンプルに考えてください。胸を捕手と正対させるのを、ギリギリまで我慢するのです。本当にボールをリリースするか否かというタイミングになって、一気に胸を捕手へと向けていきます。それまでは真横を向いている胸を、極力真横を向いたままにしておくようにしてください。そうすれば簡単にタメのある投球動作を取ることができます。

ただし、胸を動かすことを強く意識し過ぎてしまうと、下半身よりも先に上半身が進行してしまう結果となり、いわゆる突っ込みの激しい投球動作となってしまいます。ですので胸を捕手と正対させる際は、振り上げてステップさせていった方の脚の股関節を回すことにより、正対させるようにイメージしてください。どこかを動かしたい場合は、必ずその部位よりも下にある部位を動かすことにより、連動させて動かせるようにしましょう。そうしなければ良いキネティックチェーンを得ることができず、エネルギーを能率的にボールに伝えることができなくなってしまいます。

前脚を振り上げた際、タメを意識して一本足でバランスよく立ってしまう投手がいますが、これは逆効果です。ここで一本足でバランスよく立ってしまうと、そこで投球動作が一時停止してしまいます。つまりそれまでの動作で得たエネルギーがすべてなかったことになってしまうのです。これは非常にもったいないことです。ですので投球動作は絶対に一時停止させないように注意をしてください。

話は少し戻り、ボールリリースの瞬間は胸が捕手と正対します。その後は胸をそこには留めず、そのまま回していってください。つまり右投手の場合であれば、セットポジションの段階では三塁を向いている胸を、投球後には一塁に向かせるということです。左投手ならもちろんその逆です。この形を上手く作ることができなければ、これもまた上半身と下半身の連動を阻害してしまう一つの要因となってしまいます。細かい点ではありますが、この点も合わせてご注意くださいませ。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 投手の腕を振る速度は球速よりもずっと低いという不思議
次のコラム 投球時の0ポジションはどのように考えればいいのか?

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾