ピッチャー,タメ,投手について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 簡単にタメを作ってボールを投げるための方法

簡単にタメを作ってボールを投げるための方法


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
ピッチング指導に於いてよく「タメ」という言葉を耳にしますが、今回はまた改めてこの「タメ」に関しての解説をしてみたいと思います。ちなみに皆さんは「タメ」というものを正しく理解できていますか?実はCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けてくださった選手に同じ質問をしてみても、本当に正しく答えられる投手はほとんど皆無でした。

一番分かりやすいところで、胸の向きで考えていきましょう。タメのある投球動作である場合、胸が捕手と正対するのはボールをリリースするほんの一瞬前というタイミングになります。逆にタメがない投球動作である場合、かなり早い段階で胸が捕手と正対してしまいます。また、正対に向かって行くタイミングも早い段階で訪れる傾向が強くなります。

ではタメのある形で投げるためにはどうすれば良いのでしょうか?シンプルに考えてください。胸を捕手と正対させるのを、ギリギリまで我慢するのです。本当にボールをリリースするか否かというタイミングになって、一気に胸を捕手へと向けていきます。それまでは真横を向いている胸を、極力真横を向いたままにしておくようにしてください。そうすれば簡単にタメのある投球動作を取ることができます。

ただし、胸を動かすことを強く意識し過ぎてしまうと、下半身よりも先に上半身が進行してしまう結果となり、いわゆる突っ込みの激しい投球動作となってしまいます。ですので胸を捕手と正対させる際は、振り上げてステップさせていった方の脚の股関節を回すことにより、正対させるようにイメージしてください。どこかを動かしたい場合は、必ずその部位よりも下にある部位を動かすことにより、連動させて動かせるようにしましょう。そうしなければ良いキネティックチェーンを得ることができず、エネルギーを能率的にボールに伝えることができなくなってしまいます。

前脚を振り上げた際、タメを意識して一本足でバランスよく立ってしまう投手がいますが、これは逆効果です。ここで一本足でバランスよく立ってしまうと、そこで投球動作が一時停止してしまいます。つまりそれまでの動作で得たエネルギーがすべてなかったことになってしまうのです。これは非常にもったいないことです。ですので投球動作は絶対に一時停止させないように注意をしてください。

話は少し戻り、ボールリリースの瞬間は胸が捕手と正対します。その後は胸をそこには留めず、そのまま回していってください。つまり右投手の場合であれば、セットポジションの段階では三塁を向いている胸を、投球後には一塁に向かせるということです。左投手ならもちろんその逆です。この形を上手く作ることができなければ、これもまた上半身と下半身の連動を阻害してしまう一つの要因となってしまいます。細かい点ではありますが、この点も合わせてご注意くださいませ。
今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投手の腕を振る速度は球速よりもずっと低いという不思議
次のコラム 投球時の0ポジションはどのように考えればいいのか?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾