体重移動について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年05月14日

体重移動動作を改善するための2つの爪先の使い方

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


column20140514.gif

今回は投手の体重移動について書き進めていきます。体重移動に関してもっと動作を改善したいと考えている投手は少なくないと思います。そしてその改善内容を大まかに分けると、体重移動をもっとスムーズにしたいという悩みと、体重をもっと軸脚に乗せ切りたいという悩みに分けることができると思います。

まず体重移動をスムーズにしたいという投手は、軸脚股関節に乗せた上半身の重さを、振り上げ脚のステップから着地にかけて、反対側の股関節にしっかりと移動させたいということになると思います。この場合、上記図の左の形を試してみてください。爪先を上に向けると、体重がステップする側の脚(股関節)に乗りやすくなります。つまり体重移動をスムーズに行いやすい形、ということになります。

逆に体重が上手く軸脚股関節に乗り切らないという投手は、右の形を試してみてください。このように爪先を真下に向けるような形をすると、体重は軸脚側に乗りやすい状態となります。タメがないとよく言われてしまう場合は、この形を試してみるとタメを作りやすい投球動作に変えることができます。

ただし、どちらの形にしても体重移動をスムーズにしやすい、体重を軸脚に乗せやすい、という言い方に留めさせていただきます。その理由は体重移動というのは、当たり前ですがこの動作だけで制御できることではないためです。他の動作も含めて、体重移動は一連の動作の中で行っていくことですので、この形を作ればすぐに改善される、ということはないわけなのです。

もし上記図の形を試しても体重移動を上手く行うことができない場合、他の動作にも改善ポイントがあるということです。そしてそのポイントは様々なことが考えられるため、個々によってまったく異なってきます。例えばステップする脚を振り上げた際、軸脚の膝が少しでも開いてしまうと、やはり体重移動は上手く行き難くなります。更に同じタイミングで、バランスよく一本足で立ってしまってもやはり体重移動は上手く行きません。

脚の爪先の向きを変えれば、確かに体重移動を改善することはできます。試す価値は十分にあるわけですが、しかし本当に体重移動が上手く行かない投手の場合、根本的な原因が他動作に見られるケースがほとんどです。まずは上記図の形を参考にしていただき、それでも体重移動が上手く行かない場合は、Littlerockheartのコーチにご相談いただければと思います。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム ラギングバックで生み出す投球時の腕のしなり
次のコラム 投球時に上半身が開きにくくなる下半身の動かし方

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾