SLP理論について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年04月30日

SLP理論を導入した際のメリット・デメリット

プロ野球選手養成コース
プロ野球選手養成コースが新登場しました!
今まで、Coach Kazのコーチングを受けたかったのに東京まで行くことができず断念されていた方、 プロ野球選手養成コースなら全国どこからでもCoach Kazのコーチングを受けられます!
プロ野球選手養成コースの詳細ページ

slp20140430.gif

まず上記の図をご覧ください。赤い点線がLittlerockheartが推奨するストライドラインです。そしてこのラインを用いて投げる動作を、LittlerockheartではSLP理論と呼んでいます。ストライド・ライン・ピッチングの略です。

一般的には青い点線を用いてストライド(ステップ)していく投手も多いようですが、Littlerockheartが研究している限りでは、青いラインを使って投げると確かに体は楽になるのですが、しかし同時に体が開きやすくなるのです。右投手なら着地後の左膝が一塁側に割れてしまい、シュート回転しやすくなります。

一方赤い点線を用いて投げると、体は少しきつくなります。ですが体が開きにくくなるため、ストレートのバックスピンをきれいにかけられるようになり、伸びのあるお辞儀をしないストレートを投げられるようになります。

SLP理論というのは、この赤い点線を用いた投球理論となります。極力この両足で作るストライドライン上(赤い点線)で、手に握ったボールと軸脚骨盤を動かしていきます。そうすることによりボールの伸びだけではなく制球力もアップさせることができ、更には腕が遠回りしにくくなるため、肩や肘への負荷も大幅に軽減させることができます。

SLP理論を実際に投球動作内に導入していくためには、様々な細かい動作調整が必要となります。両肩関節の内旋外旋、肩甲骨の動かし方、胸郭の割り、骨盤の運び方、両股関節の内旋外旋、上半身と下半身の割りなどなど、書き出せば切りがなくなるほどたくさんの細かい動作です。ですがもちろん、それらをすべて完璧に使う必要はありません。完璧であればそれが一番であるわけですが、しかしそれ以上に大切なのは、最終的に自然な動作として投げられるかどうかです。

制球力という面で見ていくと、赤い点線を使っても青い点線を使っても、線が直線でなくなると制球力は大幅に低下してしまいます。ストライドラインが折れてしまうということは、曲がった矢を射ることや、軸棒が曲がっている竹とんぼを飛ばすのと同じことです。もしくは湾曲したバットでボールを打つ動作と同じと言うこともできます。当たり前すが、曲がった道具を使えばベストパフォーマンスを発揮することはできません。そして投手にとってこの道具となるのが、ストライドラインなのです。

ストライドラインは足部で作ります。つまりピラミッドであれば、一番下の段です。もしピラミッドの一番下の積み方がいびつであれば、それより上を安定させることはできませんよね。ピッチング動作もそれとまったく同じで、このストライドラインを最適化し、それを安定させることができなければ、足首から上を安定させることができません。ということは当然、制球力は低下してしまいます。

ちなみに上述した細かな動作調整ができないまま、ただ赤い点線だけを見てSLP理論を実践しようとしてしまうと、不自然な投げ方になってしまう恐れがあります。例えば握ったボールが遠回りしないように腕を変に縮ませてしまい、肘をロックさせて投げてしまうこともあります。肘をロックさせてしまうと、これは肘を痛める非常に大きな原因となってしまいます。ですのでSLP理論による投球動作を正しく身に付けるためにも、必ず適切な知識を持ったコーチの下で動作改善をしてください。例えばLittlerockheartのコーチと同じだけの投球動作知識を持っているコーチが身近にいれば、Littlerockheartのコーチングを受ける必要はないわけなのです。

しかし何十年も野球指導に携わっている方であっても、本当に正しい知識を持っている指導者は決して多くはありません。私たちも仕事柄、学生野球の指導者とお話をする機会も多いのですが、未だに20年前の技術理論で指導されている方がほとんどです。ですがスポーツ医学、スポーツ科学は日進月歩で進歩しています。指導者は、それらをしっかりと勉強する必要があります。

さて、話が少し逸れてしまいました。SLP理論を投球動作に導入すると制球力アップ、球威・球速のアップ、故障リスクの軽減といういくつものメリットがあるのです。今まで楽な投げ方をしていた投手にとっては少しきつい投球動作になるかもしれませんが、しかし導入して生じるデメリットはほとんどありません。大きなデメリットとすれば、これを適切に指導できるコーチが全国的にほとんどいない分、Littlerockheartの高額なコーチングを受けなければならないという点でしょうか。こればかりは申し訳ありませんが、どうぞご了承くださいませ。

ちなみにLittlerockheartでコーチングを担当するのは、最高の指導技術、知識を持った者のみです。アルバイトや経験の少ないコーチが指導を担当することは、一切ありません。


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 「ステップを広くする=球威アップ」は半分だけ正解
次のコラム 投球時の肘は何故下がってはいけないのか?

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング
【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾