TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 肘下がりは疲労だけではなくマウンド形状も原因に

肘下がりは疲労だけではなくマウンド形状も原因に


このエントリーをはてなブックマークに追加

肘が下がるとはどういうことなのか?プロ野球中継などを見ていても、「肘が下がっていますねぇ」という解説がされることがあります。肘が下がるというのは言葉の意味そのままで、トップからアクセラレーションを経てリリースするまでの動作期間の中で、肘の高さが肩線分(両肩を結んだ線)よりも低くなっている状態のことを言います。ですが勘違いしてはいけないのは、これは肘が下がって来たから肘が下がったのではなく、下半身に疲れて沈まなくなったため、相対的に肘が下がって来たということです。つまり肘が下がって来ても、肘を上げようとしてはいません。肘が下がってきたら、これはスタミナ切れの合図です。指導者としては、すぐに交代をさせてあげましょう。

体に馬力が付いて来ている高校生以上であれば、もう一度下半身を踏ん張らせて体を沈め、肘を相対的に正常な位置に戻していくことはできます。しかし小中学生の場合はまだ体の線が出来上がっていないため、体格の見た目以上の馬力を期待することはできません。つまり肘が下がり始めている投手を無理に続投させたとしても、そこからもう一度エンジンをかけ直すことはできないのです。それでも無理に投げさせてしまうと、当然すぐに肩肘を痛めてしまいます。

肘が下がっても肘を上げようとしてはいけない、と先述しましたが、その理由は肘を上げようとしてしまうと、今度は肘が肩線分よりも高く上がってしまうためです。肘は肩線分よりも下がっても上がってもいけないのです。なぜなら肩線分から肘が外れてしまうと、スローイングアームを振る際に肩甲骨の可動域が狭まってしまうためです。すると強いボールを投げることができなくなり、強いボールを投げようと力んでしまいます。力みというものも当然、肩肘を痛める大きな要因となります。

小中学生の場合、L字プレートが埋められたマウンド以外で投げることも多いと思います。L字プレートが埋められていないと、マウンドはどんどん掘り下げられてしまいます。すると、前足よりも軸足を低い場所にセットしなければなりません。そうなると自ずとスローイングアーム側の肩は下がるようになり、これも肘が下がっていく原因となります。ですのでL字プレートが入っていないマウンドで投げる際は、指導者や親御さんが毎回マウンドを埋めてあげるというケアをしてあげるのが理想です。

肘が下がる要因は疲労だけではなく、マウンドコンディションも影響してきます。小中学生の将来を守るためにも、指導者の方はぜひマウンドコンディションにも細心の注意を払ってあげてください。そうすれば肩肘を痛める選手が、ほんの少しかもしれませんが確実に減っていくはずです。

TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾