投手,投球,母指球,エッジングについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球動作と母指球とエッジングの関係

投球動作と母指球とエッジングの関係


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

投球動作で並進移動する際、「母指球」とか「エッジング」という言葉がよく使われます。ステップ脚を振り上げ、下ろしながら投球方向に体を並進移動する際、軸足の母指球を意識するとか、エッジングを意識するとか、そのようによく言われています。これに関しては両方とも大切だと僕は考えています。ただし、意識し過ぎると逆にデメリットが生じることがあるのです。

エッジングという言葉は、恐らくパフォーマンスコーディネーターである手塚一志氏が使い出し、日本でも一般的になった言葉だと思います。簡単に説明をすると、足裏の内側をスキーやスノーボードのエッジングのように用い、並進移動をスムーズに行なうというものです。僕がこれまでにコーチングしてきた投手の中にも、このことを意識する投手がたくさんいました。

ですが、このエッジングという動作を意識し過ぎてしまうと、並進移動の際、重心が軸脚のかかと側に行ってしまうという問題点が出てくる可能性があります。軸足裏の内側全面を使おうとするあまり、重心が後ろ側に行ってしまうわけです(特に下半身が弱い投手)。こうなると体全体が背中側に傾くようになり、投球時に体が開いてしまい、いくら速いボールを投げても簡単に打ち込まれるようになってしまいます。

僕の考え方としては、エッジングは結果論でいいと思っています。つまり意識を置くのはエッジングではなく、母指球です。母指球に意識を置くことで、結果的にエッジングができていた、というのが理想的です。ちなみにこの時、母指球への意識もエッジング動作もなく、軸足がべた足の状態になってしまうと、軸脚の膝が開いてしまい、バランスが悪く、力感のない投球動作になってしまいます。

エッジングという動作を意識し過ぎてしまうと、軸脚を股関節に入れていく際、軸足が上手く裏返らないというケースが出てきます。そうなると軸足が持つエネルギーは投球方向ではなく、上方に向いてしまいがちになります。このエネルギーロスは非常にもったいないですよね。せっかく生み出した運動エネルギーですから、可能な限り無駄なく投球に対し使い切りたいものです。

結果的にエッジング動作を習得するためには、やはり意識は母指球に置くのが良いと僕は考えています。意識の持ち方としては、母指球を可能な限りピッチャーズプレートに粘り強く置いておくという風に考えてください。この時「蹴る」という動作は含ませず、足が自然と裏返るようにしましょう。つまり、スパイクに付いたP革部分をしっかりと引きずることが大切だということです。P革は消耗品です。P革が磨り減らないということは、それはイコール理想的な投球動作ではないということになります。

投手が持つべく意識としては、投球動作中は両足の母指球で動作全体、体全体を支えると考えるのが良いと思います。母指球で立つことを意識すれば、それだけで股関節や骨盤が閉まるようになり、結果的にエッジング動作を実現させ、開きのない投球フォームを作り上げることができます。

最後に補足を1つ。振り上げたステップ脚を下ろしながら並進移動する際も空中では、ステップ足の母指球に先導させて着地に向かうように意識してください(着地そのものは、かかとの内側から着地するようにしましょう)。そうすれば自然とヒップ・ファースト・フォールの動作となり、また一歩理想的な投球動作へと近づくことができます。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投球時のつま先の向きは、常に平行・直角に
次のコラム 投手にとって大胸筋は、本当に必要ない筋肉なのか?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾