少年野球,変化球について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 変化球のすべてが肩肘に負担がかかるわけではない

変化球のすべてが肩肘に負担がかかるわけではない


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

小学生の野球連盟では、変化球を投げることが禁止されています。その理由は、変化球を投げることで肩・肘に負担がかかり、小学生のうちから野球肩や野球肘を引き起こしてしまうからです。この考え方は決して間違いではないと思いますが、100%正しいとは思えません。NHKでも放送されていた人気野球漫画がありますが、その一場面で、主人公である少年がチームの監督に変化球を教わったことに対し、プロ野球選手である少年の父親がそれに異を唱えるという場面がありました。この父親の対応は決して間違ってはいないと思います。しかしそれがすべてだと考えるのは、非常に危険だと僕自身は考えています。

変化球=肩肘を痛める、という図式は正しくはありません。正しくは、投げ方の悪い変化球=肩肘を痛める、となります。

とは言え、小学生のころから投手として変化球を投げる必要はありません。小学生のうちはとにかく基本をマスターし、野球の楽しさを知っていくということが何よりも重要です。なぜなら基本もなく、野球の楽しさも知らない子は、中学生に入ってから野球を継続することができなくなるからです。

さて、では投げ方の悪い変化球とはどのようなものを言うのでしょうか?カーブを例に挙げてみましょう。リリースの瞬間、肘から指先にかけてを外旋させれば、ボールには横回転がかかり、簡単にカーブを投げることができます。しかしこの投げ方こそが悪い投げ方なのです。前回の投手育成コラムで、スローイングアームの内旋・外旋についてお話をしました。それと照らし合わせてみると、リリースの瞬間に腕は内旋状態にあるべきなのです。ですが上述したカーブでは、リリースの瞬間は外旋状態にあります。これでは肘に大きな負荷がかかり、野球肘になってもまったく不思議はありません。

近年、プロ野球でもホンモノのカーブを投げる投手は少なくなりました。いわゆるドロップと呼ばれるタイプの、埼玉西武ライオンズの岸孝之投手が投げているようなカーブです。このカーブは、握ったボールを中指と親指の間から抜くことで回転を与え、大きく縦に割れる変化を生み出しています。そしてもちろん内旋過程においてボールはリリースされています。

ドロップと呼ばれるこのカーブは、肘を柔らかく使えていないと投げることができません。スライダー全盛である現代、ドロップの使い手が減ったのは肘を柔らかく使える投手が減ったためです。スライダーも内旋過程の途中でリリースされるべき変化球なのですが、肘を柔らかく使いやすい変化球ではありません。スライダーを長年に渡り多投してしまうと肘が下がってしまい、ストレートに威力がなくなるのはこのためです。肘の使い方が硬くなってしまうことで、肘が少しずつ下がっていってしまうのです。桑田真澄投手が高校時代から頑なにスライダーを投げなかったのはこれを避けるためでした。

肘が硬くなりロックされた状態になってしまうと、ボールが引っかかるようになり制球力も低下してしまいます。豪腕投手によく見られる姿ですね。肘の使い方は常に柔らかいのが理想です。それを訓練するためにも、僕は小学生でもキャッチボールではドロップを投げる遊びを取り入れることには賛成です。もちろん試合や投球練習で本格的に投げる必要はありません。あくまでも肘を柔らかく使うための遊び要素として、です。

プロ野球選手の中には、ブルペンに入ったらまずドロップを投げて肘を柔らかくさせる投手がいます。普通はストレートを投げて、肩が温まってから変化球を投げるべきですが、肘を柔らかくするために、まずドロップを投げるというのは実に理に適った調整方法だと僕は思っています。

野球にしても何にしてもそうだと思いますが、まず禁止して危険を回避しようという考え方には僕は違和感を感じてしまいます。小学生が投げる変化球にしても、本当に大事なのは変化球を投げさせないことではなく、なぜまだ変化球を投げるべきではないのかを伝えることだと思います。それを伝えないまま、ただ変化球を禁止するだけでは、子どもの野球肘を減らすことはできません。なぜなら、変化球同様ストレートも投げ方を間違えば野球肘を引き起こすからです。

特に子どもを指導するコーチや監督には、そのあたりをしっかり見てあげて欲しいと思います。小学生のうちから必要以上の理論や技術を教える必要はありませんが、明らかに修正すべき投げ方などに関しては、早いうちから直してあげるべきだと僕は考えています。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 制球力の向上法と、制球が安定しない理由
次のコラム 変化球だけよりも、ストレートだけの投手の方が良い
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾