投手,ピッチャー,制球力,コントロールについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 制球力の向上法と、制球が安定しない理由

制球力の向上法と、制球が安定しない理由


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

制球力に悩んでいる投手は、プロ・アマ問わず非常に多いようです。制球力抜群な小学生投手が存在する反面、四球を連発してしまうプロの投手もいます。ではどうすれば制球力をアップさせることができるのでしょうか?

まず制球力のない、いわゆるノーコン投手を見ていくことにしましょう。コントロールが安定しない投手は、まず間違いなくリリースポイントが安定していません。結局のところ制球力とはこれがすべてなのです。リリースポイントが安定していればコントロールも安定するし、リリースポイントが安定しない場合はコントロールも安定しません。

では次に、リリースポイントが安定していない投手のモーションを見ていきましょう。リリースが安定しない投手の多くは、スローイングアームの内旋・外旋を利用せずにボールを投げています。つまりカタパルト・デリバリーですね(カタパルト=古代の投石器、デリバリー=投法)。腕を振っていく際、握ったボールが最初から打者の方を向き、そのまま真っ直ぐ腕を振って投げる投げ方です。この場合、ボールをリリースをするタイミングによってリリースポイントが常にずれてしまいます。これが制球力を低下させているわけなのです。

カタパルト・デリバリーの場合、リリースのタイミングが一致している日はコントロールも安定するのですが、一致しない日はまったく制球が定まらなくなります。そしてタイミングが一致する日は、非常に少ないケースがほとんどです。

ではここで、腕をどのように回旋させればいいかを動作を分解して見ていきましょう。

① テイクバック・・・内旋(テイクバックの最深部で最大内旋状態)
② コッキング・・・外旋(コッキングの最終地点、つまりトップで最大外旋状態)
③アクセラレーション内旋
④リリース・・・正対
⑤フォロースルー・・・引き続き内旋

これが理想的なスローイングアームの回旋状態です。この動作を取ることができれば、ボールをリリースするその瞬間だけ、ボールを握った人差し指と中指が投球方向に対し正対するようになります。そしてストレートはその瞬間にしかボールをリリースすることができないため、自ずとリリースポイントが安定するようになり、コントロールも安定していきます。

この動作を体に叩き込むために最も有効な練習はシャドウピッチングです。シャドウピッチングで何千回も何万回もこの動作を繰り返していくことで、体に動きが染み付いていきます。シャドウピッチングは、投球モーションを安定させるためには非常に優れたトレーニングです。実際にボールは投げないため、肩・肘への負担もありません。

制球力に自信のない投手は、まずはシャドウピッチングで理に適った理想の投球モーションを作り上げてください。そしてそれができたら今度はボールを持って、シャドウピッチングの延長線上だと思い、シャドウピッチング通りの動きでボールを投げる練習をしましょう。最初はスローボールで十分です。ボールのスピードは慌てることなく、まさに亀の歩みで徐々にアップさせていきましょう。スピードをアップさせても、投球モーションが崩れてしまったらシャドウピッチングの効果もなくなってしまいます。

投球とは、非常に繊細な運動です。本当に僅かなことですべてが崩れてしまうこともあります。だからこそ焦らず、ゆっくりと進めていってください。ローマは一日にしてならず、です。理想の投球モーションを作るには、それなりの時間が必要だということを忘れないでください。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 前脚を振り上げたら、ステップする前に股関節を締めよう
次のコラム 変化球のすべてが肩肘に負担がかかるわけではない
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾