野球肘,原因について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球肘の原因を探す5つのチェックポイント

野球肘の原因を探す5つのチェックポイント


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

野球肘になる原因のすべては「悪い投げ方にある」とこれまで何度も書いてきましたが、では悪い投げ方とは具体的にはどのような投げ方のことを言うのでしょうか。今回のコラムではそれをまとめてみたいと思います。

① 投球時に肘が下がっている
② 肘がしなるのではなく、折れた状態で前に突き出ている
③ 肘がロックされた状態で投げている
④ 変化球を投げる際、不自然に肘を捻っている
⑤ フォロースルーが途中で止まっている

細かく言えば切りがないですし、これだけがすべてではないのですが、主な原因としてはこれらがもっとポピュラーだと思います。まずは①の肘が下がっていることから見ていきましょう。肘が下がるということは、上腕骨と肩甲棘の関係が0ポジションから外れてしまっているということになります(0ポジションに関しては後日別の記事にて解説します)。0ポジションではないということは、ローテーターカフの一部分だけが大きく引っ張られることになり、その部分を痛めやすくなります。そして肘に関しては、投球時に肘が下がってしまうとまず、リリース時に腕が伸びにくくなります。肘が曲がった状態でリリースしてしまうと、下半身で生み出したエネルギーが肘に滞留してしまい、それが肘に過度なストレスを与えてしまいます。この場合、野球肘というよりは靭帯損傷などの可能性が高くなります。

肘が下がることでリリース時に腕を伸ばせないと、エネルギーが上手くボールに伝わりません。リリース時に肘が折れているということは、つまりは上腕と前腕のベクトルの方向が違うということです。この場合エネルギーは上腕の延長線上へと進もうとします。すると肘の外側にストレスがかかり、剥離性骨軟骨炎などのいわゆるネズミと呼ばれる症状を引き起こしてしまいます。

時速100kmで走っている自動車を想像してみてください。直線距離であれば、何のストレスもなく100kmで走り続けることができます。しかしもし途中で急な曲がり角(肘に相当)があったらどうでしょうか?そもそも100kmものスピードで角を曲がることは困難ですよね。減速しなければ角は曲がれませんし(エネルギーのロス)、曲がるにしても車には大きなストレスがかかってしまい、タイヤはあっという間に磨り減ってしまいます。腕が伸び切らずにリリースを迎えるということは、100kmで走る車で角を曲がるようなものです。タイヤが磨り減るように、肘も磨り減っていってしまいます。

続いて②の肘を前に突き出すことについてですが、この場合ローテーターカフに非常に大きなストレスがかかります。つまりこの場合も肩痛になりやすい。さらにこの投げ方は、前腕がバネで挟むネズミ捕りのような動きで投げることになるため、腕がまっすぐ伸び切った時に肘関節が衝突(過度な急停止)してしまいます。これは当然肘に大きなストレスを与え、野球肘の原因となります。

③の肘がロックされた状態で投げているということは、これは力んで投げているという何よりの証となります。力んで投げればボールに切れは出ず、初速と終速は大きくなり、いくら初速が速くてもバッターには簡単に対応されてしまいます。するとさらに力んでしまうという悪循環に陥ります。そしてボールを投げるためのエネルギーと、力むことによって生まれる余分なエネルギーの2つが同時に肘にストレスを与え、野球肘という状態を引き起こしてしまいます。

④の不自然に肘を捻るという状態も野球肘の大きな原因となります。変化球は、基本的にはストレートと同じ投げ方で投げる必要があります。ですがボールの回転を手先で動かすことによって変化球を投げようとすると、肘が捻られた状態でリリースを迎えてしまいます。ピッチングに於いて最も大きなエネルギーが働くのはリリースの瞬間です。この瞬間に肘が捻られてしまうと、想像以上に大きなストレスが肘にかかってしまうことになります。近年少年野球では変化球を投げるのが禁止されてしますが、それはこれが理由です。ですが勘違いして欲しくないのは、変化球を投げることが肘痛に繋がるわけではありません。良くない投げ方で変化球を投げることが、肘痛に繋がるのです。これだけは間違えないでください。

さて、最後は⑤のフォロースルーで肘が止まってしまう動作についてです。フォロースルーとは、ボールを投げた後に余ってしまったエネルギーを体内から開放してあげるための動作です。もしフォロースルーをしなければ、投球後に余ってしまったエネルギーがすべて身体に滞留してしまうことになり、その余剰エネルギーは肩や肘に大きなストレスを与えてしまい、このストレスが野球肘を引き起こしてしまいます。ですのでフォロースルーに於いても手を抜いてはいけません。せっかく良い投球動作でボールを投げることができても、フォロースルーが雑であればすべてはここで無駄になってしまいます。投球動作にとっては、フォロースルーという最後の詰が重要になるというわけです。

さて、野球肘を引き起こす5つの主な動きをザッとおさらいしてみました。ですが先述した通り、これだけがすべてではありません。野球肘の選手が100人いたら、100通りの症状があると言っても過言ではありません。ですがこの5つはある程度の目安とはなります。もし自身の投球モーションがどれが1つにでも該当するようなら、今日から早速改善に取り掛かってください。明日からではなく、今日から始めることが大切です!

その練習法をいつまでも続けていても
ほとんど上達しないかもしれません!

littlerockheart.com
なかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ! 練習をする前に、まず上達できる動作を学んでください。そのあとで練習をすればメキメキ上達します!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 野球肘の症状はいろいろで、すべてが同じではない
次のコラム 3割バッターを2割バッターにするための投球術
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾