重いストレート,初速,終速について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年06月06日

はじめから重いストレートを投げようといてはいけない

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


重いストレートを一言で説明するならば、ボールの回転数が少ない速球だと僕は考えています。しかし僕ははじめから重いストレートを投げる必要は一切ないと考えています。それよりも、切れのあるストレートを投げられるようになって欲しいと考えています。

例えば極端な話、ストレートが無回転だったとしましょう。無回転とは言え、話はあくまでもストレートのことですので、フォークボールとは異なります(後述)。ストレートが無回転だった場合、空気抵抗はボールの一面でしか受けません。もしこの時、縫い目の山が進行方向に対し横断する形になってしまうと、ボールは常時大きな空気抵抗を受けて進んでいくことになります。すると球速は進むにつれて低下していくことになるので、初速と終速の差も大きくなります。バッターにとって、初速と終息の差が大きなストレートほど打ちやすいボールはありません。

無回転のストレートとフォークボールとでは異なると書きましたが、それはフォークボールは「抜く」ボールであるためです。フォークという球種は人差し指と中指でボールの両端を挟み、そこから抜くようにして投げるため、球威はある時点に達すると一気に衰えます。この球威の衰えによりボールは重力に従い、下方へと曲がっていくわけです。

一方無回転のストレート(現実にはありえませんが)は、指先から抜いて投げるわけではないので、ボールに確かな勢いが与えられます。ですのでフォークほど大きな重力の影響を受けることもありません。

さて、話を現実の世界に戻しましょう。重いストレートとは、腕っ節の力で投げた時に生まれるものです。つまり重いボールを投げるピッチャーは、下半身を使わずに投げているということになります。

松坂大輔投手のボールは重そうですよね?でも松坂投手クラスになると次元が違ってきます。150kmを超すストレートは、その球速が生み出す大きな並進エネルギーが、バッターが振ったバットを押し込むために、重く感じるのです。その証拠に松坂投手が投げるストレートの回転数は、プロ投手の中でもずば抜けています。

腕っ節の力で投げる130~140kmのボールは、確かに重く感じます。しかしその一方でボールに切れが出ません。ボールに切れがなければいくら重いボールを投げたとしてもジャストミートされてしまいます。そして上体だけでボールを投げていればスタミナの消耗が激しくなるだけではなく、故障のリスクも急上昇します。

ですのではじめから重いボールを投げようとするのではなく、球威・球速がアップし、その結果ボールが重くなるというプロセスを目指してください。このプロセスを持つ投手こそが、本物の本格派になれるというわけなのです。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 指先の支点を減らすほど、ストレートの切れは増す
次のコラム 股関節の可動域が与える投手への影響

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾