Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2011年05月27日

ピッチャーは手首の力を使って投げてはいけない


投球する際、手首の力を使って投げているピッチャーは多いと思います。しかし僕のコーチングではこれをベストとは考えていません。手首の力を使うどころか、逆に手首はロックするような意識で投げるのが良いと考えています。ただし、完全にロックすることは困難です。ツーシームやフォークボールを投げる時のように、あくまでも「手首をロックする感覚」で投げることが大切です。

勢いのあるボールを投げるためには、リリース時、ボールを人差し指と中指の腹で勢い良く転がすことが重要になります。そして指先とボールが離れるまさにその瞬間、まるでボールを握りつぶすかのように、指先でボールを引っかくようにして弾き出します。これが勢いあるストレートを投げるためのプロセスです。

この時手首の力を使ってしまうと、手首を曲げることで指先のベクトルが地面を向いてしまいます。するとボールは引っかかるようになってしまい、肩は強いはずなのにワンバウンドのボールばかりになってしまいます。

このリリースを可能にするためには、握力に加えて指の求心力が必要になります。求心力とはつまり、遠心力で離れていこうとする指を引き戻す力のことです。ボールをリリースする時、指先には大きな遠心力がかかっています。もし指先に求心力がないと、指先はボールや遠心力に負けてしまい、手の甲側に背屈してしまいます。するとボールは高めにばかりすっぽ抜けるようになります。ですので指先を遠心力から引き戻すための力が必要になるわけです。

ボールが指先から離れるまさにその瞬間の指と手のひらの関係は、約90°がベストだと僕は考えています。ちなみにボールを普通に握っている段階を約0°と考えてください。つまりアクセラレーションまでは0°で、リリースの最後の最後、ボールが指先から離れるまでの間で90°まで持って行く。このリリースが理想なのです。

人間の身体にとって90°というのは非常に意味のある数字です。例えばバッティングのインパクト時、体幹と腕が90°の関係になっている時が、最もパワーを発揮できる姿勢になります。これと同じで、手のひらと指の関係が90°になった時、最も力強いリリースが可能になるというわけです。

この動きを癖付けるために、まずボールを握る時と同じ指の幅でピースサインを作ってください。そして人差し指と中指の先を机や、しっかりと固定させた反対側の手や指に引っ掛けてください。そしてそこから、「ピシッ」という音がするように勢い良く弾いてください。弾いた後、指の付け根と第二関節が90°になるようにしましょう。この動きをしっかりと身体に染み込ませることができれば、リリース時にもこの動きを練習通り再現させられるようになります。

慣れるまでは難しく感じられるかもしれませんが、しかし試す価値はあると思います。もし球威をもっと上げたい場合、ぜひこのリリース方法を試してみてください。多少なりともボールの質は変わるはずです。


小学生〜大人まで個別指導可能のピッチングマスターコースは、全投手育成コラムを執筆しているチーフコーチが指導を担当いたします!



Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:球威・球速アップ
コラム著:Coach Kaz
前のコラム ジャイロボールは実在し、これがその投げ方
次のコラム ストレートに切れを出すための科学的数値

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.