タグ「ビヨンド」が付けられているもの

ビヨンドなどの複合バットが最も売れるのは、やはりクリスマスシーズンや誕生日ではないでしょうか。クリスマスや誕生日プレゼントにビヨンドをねだるお子さんはやはり多いと思います。親御さんとしても「ビヨンドを使ってヒットが増えるのなら」との思いで、ビヨンドをプレゼントされる方も多いかと思います。しかし僕は選手たちの技術を向上させる野球の先生という立場なので、基本的には、ビヨンドを使うことには一貫して「ノー」と言い続けています。


ミズノのビヨンド(少年野球用)

ビヨンドのスウィートスポットは木製バットの100倍!?

ただし、ガッツリ上達したいわけじゃないけど友達とただ野球を楽しみたいというお子さんや、草野球レベルであればビヨンドなどの複合バットに頼ってしまっても良いとは思っています。しかしオンラインレッスンを受講するような意識の高い小中学生であれば、ビヨンドは使うべきではありません。

通常、バットのスウィートスポットは木製バットが2mm程度、金属バットが5~20mm程度だと言われています。しかし複合バットの場合それが20cm以上あることが普通です。つまりバットのどこに当ててもある程度飛距離が伸びてしまうことで、ボールをスウィートスポットに当てるためのミート力がまったく養われないんです。

仮にビヨンドなどの複合バットに慣れた選手が中学高校へと進み、金属バットや木製バットを使うようになると、まったく対応することができなくなります。バットのスウィートスポットにボールを当てることがまったくできず、打球もほとんど飛ばなくなってしまいます。甲子園を沸かせたスター選手が、高卒でプロ入りして、木製バットにまったく対応できない状態と同じです。


ローリングスのハイパーマッハ(少年野球用)

初心者でもトランポリン効果を得られる複合バットの特性

ミズノのビヨンドと、普通の金属バットの反発係数には20%もの大差があるんです。普通の金属バットを100とすると、ビヨンドの反発係数は120になります。つまり単純計算すると、金属バットで60m飛んでいた打球が、ビヨンドでは72m飛ぶようになる、ということです。もちろんこの飛距離は不確定要素によって変動していくわけですが、まったく同じ条件で打ったと仮定すると、これだけ飛距離に差が出てくるんです。

しかしこれだけ飛ばせる複合バットであっても、バッティングの基礎が身についていなければ宝の持ち腐れにしかなりません。例えば金属バットで40m飛ばせていた場合、ビヨンドだと単純に48mになるわけですが、48mという飛距離は少年野球では平凡な外野フライの飛距離でしかありません。ちなみに少年野球の場合、ホームプレートから二塁ベースまでの距離が約32mです。

誰でもカンタンにトランポリン効果を得られるのがビヨンドなどの複合バット

ところで、バットでボールを打って飛距離を伸ばすためには「トランポリン効果」という物理効果を使う必要があります。これはまさにその名の通り、トランポリンのように金属バットを上手くへこませたり、木製バットをしならせることによって発生させていきます。

ビヨンドなどの複合バットは、このトランポリン効果を技術がなくても使えるように設計されているんです。バットのどこに、どんなタイミングで当たってもトランポリン効果を得られるため、初心者でもある程度の飛距離を出せるようになっています。

しかし金属バットや木製バットの場合、最良のタイミングでボールをスウィートスポットに当てられなければ、トランポリン効果を得ることはできません。そしてスウィートスポットが狭い分、金属バットよりも木製バットの方がトランポリン効果を得ることは難しくなります。


ゼット ブラックキャノン(少年野球用)

飛距離が伸びても打球速度が上がらなければヒットは増えない?!

ヒットの本数を増やしたいのならば、実は飛距離を考えるよりも打球速度を重視すべきなんです。複合バットを使って飛距離を伸ばしたとしても、そこに打球速度が加わっていなければヒットを増やすことはできません。例えば少年野球でビヨンドを使って60m飛ばせるようになったとしても、打球の速度が遅ければ、左中間・右中間に飛んだとしても外野手が簡単に追いついてしまい、ただの外野フライにしかなりません。複合バットはとにかく「飛距離がアップする!」という謳い文句で売られていますが、ヒットを増やすために必要なのは飛距離ではなく、打球速度なんです。

例えばビヨンドで60m飛ぶということは、金属バットでは50mくらい飛ぶということです。しかし打球速度をアップさせられる打撃動作の基礎を身に付けていれば、50mしか飛ばなくても速い打球で左中間・右中間を割っていくことができます。もちろん技術が身に付いた上で複合バットを使えばそれが最強なわけですが、しかし野球のレベルが上がるほど、ビヨンドを使えないリーグが増えていきます。特に将来硬式野球に進みたいと考えている方は、絶対にビヨンド慣れすべきではありません。当然ですが硬式野球ではビヨンドは使えませんので。

どこに当たっても飛んでしまうビヨンドではミート力は養われない!

ビヨンドのような複合バットの場合、どのタイミングでバットのどこに当てても打球はある程度は飛んでしまいます。ビヨンド慣れした選手が突然金属バットや木製バットを使い始めると、打球を前に飛ばすことがまったくできなくなります。硬式野球の場合、バットの芯とスウィートスポットが交差した一点で、ボールの中心の6mm下を打つことによって最も遠くに打球を飛ばせるようになります。

しかしビヨンド使ってしてしまうと、芯とスウィートスポットが交差する一点にボールを当てる技術が、まったくと言っていいほど養われません。そのような選手が硬式野球で木製バットを使ったら、頻繁にバットを折ることになってしまうでしょう。ちなみにプロ野球選手でも技術がある選手は、例えば埼玉西武ライオンズの中村剛也選手のように、1年を通してもバットは1本折るか折らないかです。しかし技術がない選手は年間5本、10本とバットを次々と折ってしまいます。もちろんそういう選手はレギュラーになることはできません。


アシックス スターシャイン(少年野球用)

ビヨンドを買ったら野球塾でバッティングの正しい基礎を身に付けよう!

ミズノのビヨンドのような複合バットは上記写真のように各社で製造されています。しかし繰り返しますがヒットの本数を増やすために重要なのは飛距離よりも打球速度です。飛距離を伸ばしても打球速度が上がるとは限らないのですが、打球速度をアップさせると比例して飛距離も伸びていきます。

僕は野球の先生としてTeamKazオンライン野球塾で毎日多くの生徒さんのレッスンをしているのですが、このレッスンでは打球の速度をアップさせ、同時に打球の発射角度を下半身の使い方を改善させることによって調整し、長打力をアップさせることができます。例えばビヨンドのような高額なバットを使ったとしても、ヘッドが下がったスウィングでは意味がないわけです。しっかしと下半身の基礎動作を身に付けた上でなければ、ビヨンドを使っても目に見えてヒットの本数を増やすことはできません。

逆にしっかりと基礎動作が身についていれば、6,000円程度の普通の少年野球用の金属バットであってもヒットを量産し、同時に長打力をアップさせることができます。きっとクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントにビヨンドなどの複合バットを購入される方は多いと思います。しかし大切なのはビヨンドの性能だけに頼ってしまうのではなく、打撃動作の基礎をしっかりと身に付けた上で、ビヨンドを使うということです。

ヒットを増やすために重要なのは飛距離よりも打球速度

そして大事なのでもう一度言っておきますが、ヒットの本数を増やすために重要なのは飛距離よりも打球速度です。飛距離が出ても打球速度が遅ければヒットにはなりませんし、逆に飛距離が出ていなくても打球速度が速ければ内野手、外野手の間をあっという間に抜けていき、ヒットの本数を増やすことができます。

そして単純に打球速度が速ければ速いほど、飛距離もどんどん伸びて行きます。ですのでせっかくビヨンドのような高価なバットを使われるのでしたら、僕のオンラインレッスンや、お近くの野球塾でしっかりと適切な基礎動作を身につけた上で、ビヨンドを使われることをオススメいたします。

少年よ、プロ野球選手になりたいならビヨンドは使うな!

以前より一貫して僕がオンラインレッスンで指導を担当している生徒さんたちには、硬式野球に進む可能性のある選手に対してはビヨンドなどの複合バットは使うべきではないと言い続けています。硬式野球をやる可能性のない選手、草野球選手、より高い技術の習得を目指していない選手であれば、ビヨンドは素晴らしいアイテムになります。ですがそうでない場合は、ビヨンドの利用は避けるべきです。

今回のスラッガー養成コラムでは、どうして硬式野球に進む可能性がある選手はビヨンドを使うべきではないのかについて、分かりやすく解説していきたいと思います。ただし、ビヨンドという素晴らしいアイテムを否定したいわけではなく、あくまでも硬式野球に進む前提がある選手にとってのビヨンドの存在、という視点で書き進めていますので、誤解なきようお願いいたします。

軟式球を潰さずに打てるのがビヨンド最大のメリット

さて、ビヨンドはなぜあんなに飛距離が出るのでしょうか?その秘密はもちろんバレルに巻かれているあのポリウレタンにあります。軟式球を打って遠くまで飛ばすコツは、トランポリン効果の利用に加え、打った瞬間のボールをできる限り変形させないことです。そうすることによってボールに歪な回転などがかからなくなり、遠くまで飛んでいくようになります。そしてボールは、バットの真芯でタイミングよく打てるほど歪に変形しにくくなります。

参考記事:トランポリン効果/ビヨンドで飛距離がアップする理由

金属バットで軟式球を打った場合、打った瞬間にボールはお餅のように半分以下に潰されてしまいます。するとインパクトの衝撃が相殺されてしまい、推進力が小さくなり飛距離が短くなってしまいます。また、ボールが潰れれば潰れるほどボールにかかる回転が歪になりますので、これも飛距離を縮める大きな原因となります。

一方ポリウレタンが巻かれたビヨンドのような複合バットの場合、バットのバレルが柔らかくなっている分、ボールではなくバットが潰される形となります。もちろんボールも多少潰されるのですが、通常の金属バットで打った時よりは潰れ具合は小さくなります。そのためインパクトで得られるエネルギーが相殺されにくく、歪な回転もかかりにくく、飛距離が低下しにくくなるというわけです。

どこででも打てるのがビヨンドのメリットでありデメリット

ご存知の通りビヨンドの場合、バレルが非常に広いんです。いえ、広過ぎるんです!バットのヘッド付近で打っても、詰まり気味で打ってもそこはまだポリウレタン部分ですので、手が痺れることがありません。そのためバットのどこで打っても良いという感覚が身に付いてしまい、木製バットはもちろん、通常の金属バットを使った際にボールをバットの芯に当てるという技術がまったく身に付かなくなります。

高い技術を身に付けたいと思っていない選手は、もちろんビヨンドなどの複合バットを使って良いと思います。しかし少しでも上手くなりたいのであれば、やはり先っぽや詰まり気味で打った時に手が痺れ、それを繰り返すことにより、いつでも手が痺れない部分(バットの真芯、スウィートスポット)でボールを捕らえていける技術の習得を目指すべきです。この技術はビヨンドでは絶対に身に付きません。

ビヨンド世代の将来が心配な今日この頃

ビヨンドは、野球を趣味で楽しむ選手が使うべきアイテムです。将来甲子園、神宮、オリンピック、プロ野球、メジャーリーグという目標を持っている選手は、ビヨンドは絶対に使うべきではありません。

今後ビヨンド世代の多くが20代になった頃、日本プロ野球のバッターたちの技術が現在よりも下回っていないかどうか、僕はプロフェッショナルコーチとして心配で仕方ありません。メジャーリーグでも、今以上に日本人バッターが通用しなくなるかもしれません。ビヨンドのような複合バットが普及するほど、そのような弊害が生まれる可能性も高くなっていくわけです。

プロレベルでは、超高校級スラッガーでさえも金属バット慣れしすぎていると、プロ入り後なかなか1軍では通用しません。それがビヨンド慣れしてしまったバッターならどうでしょうか。もしかしたら木製バットを毎日折ってしまう日々になるかもしれません。もちろんビヨンドからいきなり木製バットに持ち替えることはないと思いますが、でも将来的にそうならないためにも、プロ野球選手を目指している小中学生には目先のヒットだけを追い求めて、ビヨンドは使ってもらいたくはないと僕は常々考えているのです。

ビヨンドを宝の持ち腐れにしないで!

また、ビヨンドを使ったとしても打撃技術の基礎が身についていなければ宝の持ち腐れになってしまいます。ビヨンドを使うにしても、ビヨンドの特性を最大限活かすための打撃技術の基礎はしっかり身につけた方が良いと思います。例えば技術がない場合、多少飛距離が伸びる程度では、金属バットで内野手の後ろでポテンヒットになっていた打球が、ビヨンドによって少し飛距離が伸びることにより、平凡な外野フライが増えるという結果にもなってしまいます。

ですのでビヨンドを使うにしても、使わないにしても、やはりしっかりとした打撃動作の基礎の習得は必須になるわけです。でもそういう技術ってなかなか少年野球チームでは具体的に、理論的に、分かりやすく教わることってできませんよね?ですので「もっと理論的かつ具体的に上達方法を教わりたい!」と思ったら、ぜひ僕のオンラインレッスンを受けてみてください。想像を絶するほど理論的かつ具体的で分かりやすいレッスンを毎日しています!まずは無料体験レッスンを受けてみてください。74%の親御さんが、お子さんに継続受講させている野球塾です。

軟式野球で硬式用バットを使うデメリットとバットの素材の違い

軟式野球で硬式用バットを使うことは、大会によってルールが異なる

こんにちは。僕は普段、野球のプロフェッショナルコーチをしているのですが、選手たちにZOOMレッスンをしていてたまに受ける相談として「軟式球を硬式用バットで打っても大丈夫ですか?」というものがあります。これに関しては、公式戦では基本的に禁止とされる大会が多いようですので、軟式の試合で硬式用バットは基本的には使わない方が無難です。

ただし、草野球の練習試合やローカル大会の場合、特に禁止されていない場合もあります。僕自身大人になってから、助っ人として友人の軟式草野球チームに呼ばれた時に、何気なく愛用の硬式用木製バットを使い、打ち終えた後にそのバットを審判に拾ってもらったことが何度かありますが、一度も注意をされたことはありませんでした。ですので使って良い場合もあるわけですが、大会ルールで禁止されている場合も多いようですので、そこはしっかりと確認するようにしてください。

軟式野球では硬式用バットは使わない方が色々な意味で無難

硬式用バットの強度であれば、軟式球を打ってもバットが折れることはまずありません。もちろん軟式用バットでは硬式球を打ってはいけませんが。このように、軟式野球で硬式用バットを使うことは、バットの安全面においては基本的にはまったく問題ありません。

ですがパフォーマンスの質ということを考えていくと、やはり軟式野球では軟式用バットを使った方が良い、という結果になります。ただ、絶対的なパワーやスウィング速度があれば、これから書き進める内容はまったく無意味なものとなりますので、あらかじめご了承ください。

軟式用バットと硬式用バットの重さの差は30%

まず軟式用バットと硬式用バットを比べた時、強度以外に何が違うかと言えば重さです。軟式用バットは大人の場合650〜700g程度が一般的には多いと思うのですが、硬式用バットになると900g前後が多くなります。単純に200g以上違うと仮定すると、硬式用バットの重量は、軟式用バットの重さの30%増ということになります。この重量増は、軟式球では大きな影響を受けることになります。

スウィング速度にほとんど差がないと仮定をすると、より重いバットでボールを打った時の方がインパクトの衝撃は大きくなります。すると軟式球もその分大きく潰されてしまうことになります。インパクト時にボールが潰れてしまうと、潰れてしまった分だけ反発力が相殺され、飛距離を縮めてしまいます。

ちなみにビヨンドなどの軟式用複合バットは、インパクト時にボールを潰さないようにあのようなラバー構造(ポリウレタン)になっているのです。ボールが潰れないので(逆にバット側を潰す)反発力を維持でき、飛距離を伸ばせるというわけです。

参考記事:ビヨンドで飛距離がアップする理由と使うデメリット

硬式用バットで軟式球を打つとインパクトが強くなりすぎる?!

軟式球の場合、インパクト時にボールが潰れない方が反発力が大きくなり、打球の飛距離を伸ばすことができます。そういう意味において物理学的には、軟式野球の場合は重い硬式用バットよりは、軟式球を打つための規格で作られた軟式用バットで打った時の方がパフォーマンスは向上しやすいと言えます。

ただしバットは軽過ぎてもあまり良くはありません。軽過ぎるバットを使ってしまうと「速度×重量」で計算されるパワーが小さくなってしまい、理想のインパクトの衝撃力に届かなくなり、振りやすさが向上したとしても打球の速度や飛距離は大幅に低下してしまいます。

参考記事:バッティングパワーの計算式。打者のパワーはこうやって測る!

ビヨンドなどの複合バットは、本気度の高い選手にはオススメできない!

将来的に硬式野球に進み、更に上のレベルの野球を目指したいという選手には決してオススメできないのですが、しかし草野球や、軟式以外の野球をやる予定のない選手であれば、ビヨンドであったり、インパクト時にボールがバットの表面を滑らないように作られた特殊な形状のバットを使うのも決して悪いことではないと思います。週1回の野球で、打者としてそれでパフォーマンスがアップするのであれば、野球が更に楽しくなると思います。

ただ、ビヨンドのようなラバー構造のバットは消耗品となります。練習で多用したり、バッティングセンターで使うことは極力避けるようにしてください。ラバー構造バットの場合、少しでもラバーに亀裂が入っていたりするとパフォーマンスが低下するだけではなく、破損による怪我にも繋がってしまいますのでご注意ください。ちなみにプロウレタン製ラバーの交換には1〜2万円かかります。

軟式用バットと硬式用バットの素材の違い

金属バットという枠で見ると、軟式用バットはアルミなど軽い金属素材で作られていることが多い反面、硬式用は超超ジュラルミンという非常に硬い素材で作られていることが多くなります。超超ジュラルミン製のバットで、例えば現役バリバリの硬式野球選手が軟式球を打つと、ボールがすぐに破損してしまうことにも繋がりますので、少なくとも硬式用バットで普通にフルスウィングできるバッターは、やはり軟式野球の試合で硬式用バットを使うことは避けた方が良いと思います。

逆に硬式野球の試合では、強烈すぎるピッチャーライナーを打てないようにし、打球が直撃してピッチャーが怪我をしないように、軽すぎるバットの利用は禁止されています。ある程度の重さがあるバットで、全力で振ったとしてもある程度スウィング速度が低下するように設計されています。ですので結論としてはやはり、軟式野球では軟式用バットを使い、硬式野球では硬式用バットを使うことがベストとなります。

高校や大学の野球部でバリバリとプレーしていた方の場合、大人になってからの草野球でも硬式用バットの方が振りやすいということはあると思います。ですが軟式野球を最大限楽しむためには、やはり草野球は軟式用バットを利用された方がいいと思います。

逆に、大事なのでもう一度書きますが、軟式用バットで硬式球を打つことは絶対にやめてください。バットを購入すると、バットの破損が原因で怪我をした場合の保険も自動的に付帯してくるのですが、軟式用バットで硬式球を打ち、バットの破損によって万が一怪我をしてしまっても、推奨された利用方法ではありませんので、保険適用外となってしまいます。

飛距離が一番伸びるのは実は木製バット

最後に付け加えておくと、バッティングスキルが高くなってくると、実は金属バット以上に飛距離を伸ばせるのは木製バット(特にアオダモ)なんです。興味がある方は、下のコラムもチェックしてみてください。ちなみに僕がコーチをしているZOOMレッスン野球塾でも、硬式野球でプレーをしている選手には木製バットの本当に正しい使い方もレッスンしています。

参考記事:実は金属バット以上に飛距離を伸ばせる木製バット

バッティングはバットを使うプレーになるわけですが、バットを使うわけなので、やはりバットの性格をしっかりと把握しておかないと、手に持ったそのバットのパフォーマンスを最大限引き出すことはできません。ですので硬式野球でも軟式野球でも、ボールに合ったバットを適切に選び、そのバットの性格をしっかりと把握した上でバットのパフォーマンスを最大限引き出せるバッターになっていってください。