バッティングのヒッチについて書かれているスラッガー養成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

バッティングでヒッチさせることにはもちろんメリットがある!

  • バッティングのヒッチは応用編、初心者はまずは基本動作を
  • ヒッチさせると飛距離を伸ばしやすくなるというメリット
  • ヒッチさせるとスウィングプレーンを良い形で作れる

ここ最近、バッティングにおけるヒッチについてスラッガー養成コースのコーチング中に尋ねられることが多いため、もう少しヒッチについて解説をしてみたいと思います。


ヒッチ打法は悪い動作なのではなく、難易度が高い動作』でも書いた通り、ヒッチ打法というのはバッティング技術の中では非常に難易度が高いものの1つになります。ですので初心者はヒッチさせて打つことは避けた方がいいと思います。ヒッチさせることにはいくつかのメリットがあり、ボールの下半分にバットを入れていきたいという場合、その動作にフィットした角度でのテイクバックを最も深くすることができます。

つまり硬式野球の場合、打球にバックスピンをかけて飛距離を伸ばしたいと考えた際、ヒッチさせてからテイクバックを作ることができると、それが非常にやりやすくなる、ということです。

ただ、軟式野球の場合はM号・J号に変わった後でも、やはりそれなりにはボールが潰れてしまいます。ですので硬式野球ほどはバックスピンをかけられないと思います。それでもヒッチさせることにより、ボールをバットに乗せやすくなりますので、打球の角度は上げやすくなります。

打球というのは、内野手がジャンプしても届かないくらいの角度で打っていけるのが理想です。その角度であれば、二塁打三塁打も出やすくなります。そしてさらにフェンスオーバーを目指す場合は、もう少しボールの下にバットを入れていくわけですが、ヒッチさせると、それがやりやすくなります。

バットは上から下、下から上と動かしながら、真上から見ると正円を描いていくと理想的なスウィングプレーンを作っていけるようになります。ヒッチ打法というのは、このスウィングプレーンを良い形にするというメリットもありますので、技術的に高いレベルにあってフィジカルも強いのであれば、ヒッチ打法に挑戦する価値はあります。

ですが繰り返しますが難易度は高いですので、基本がまだ身についていないレベルの選手はヒッチさせない方が無難です。そのレベルの選手は応用編であるヒッチではなく、まずは基本動作を身につけるようにしましょう。

前のコラム ジャストミートしたはずなのに凡打になってしまう原因
次のコラム 基本的には「走り打ち」はすべきではないシンプルな理由
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹するバックウェイト打法を理解するバットの使い方を理解するフロントウェイト打法を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾