TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / テイクバックがテイク"バック"になっていない選手が多い?!

テイクバックがテイク"バック"になっていない選手が多い?!


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

今回のスラッガー養成コラムでは、テイクバックについて書き進めてみたいと思います。投げる動作にしても打つ動作にしても、テイクバックがテイクバックになっていない選手が意外と多いんです。皆さんのテイクバックは、ちゃんとテイク"バック"になっていますか?


テイクバックとは非軸足をステップした際、グリップをキャッチャー側に引く動作のことを言います。この時、グリップと非軸足の距離が長ければ長いほど割れが大きくなり、バットスウィングが鋭くなっていきます。しかしこのテイクバックをキャッチャー側ではなく、後頭部側に入れてしまっている選手がけっこう多いんです。

テイクバックを後頭部側に巻いてしまうと、遠心力を使ったアウトサイドインのバッティングになりやすいんです。また、ボールの内側を叩いたとしても流し打ちのフォームになりやすく、バットを振り抜くことが難しくなります。その結果インパクトが弱くなり、飛距離が低下してしまうという結果に繋がってしまいます。

例えば右打者の場合、誰かに左打席側に立って観察してもらってみてください。まず最初の構えで、グリップと非軸足(靴)のだいたいの距離を見てもらってください。その後でテイクバックした際の距離を見てもらい、その長さを比較して見てください。ウェイトシフトで打つ選手の場合は大きく変わる場合もありますが、ステイバックで打てている選手の場合、テイクバックを巻いてしまうとこの距離の差がほとんど出なくなります。

比較をして、もし距離がステップした分しか変わらなかった場合は、テイクバックを後頭部側に巻いていないかどうかを確認してください。もし巻いていたら距離はほとんど変わらないはずですので、巻かずに、キャッチャー側にグリップを引くように変えて見てください。

テイクバックとは、打ちたい方向の逆方向に体を引く動作のことを言います。つまりグリップを後頭部側に巻いてしまうと、反対打席側に向かって打つ前提の形になってしまうのです。バッティングの基本はセンター返しです。良い形でセンター返しできるモーションであれば、レフト側にもライト側にも強い打球を打てるようになります。

野球場はなぜセンターが一番深いと思いますか?その理由は良いモーションでセンター返しすることができると、センターに飛んだ時が一番飛距離が伸びるからなんです。だから野球場はセンターが、レフト線やライト線よりも遠く設計されているのです。センター方向に質の良い長打を打てるようになるためにも、テイクバックは巻かずに、キャッチャー方向に引くようにして見てください。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾