TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / グリップの間に隙間を空けてしまうとゴロしか打てなくなる!

グリップの間に隙間を空けてしまうとゴロしか打てなくなる!


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

時々左右の手を少し離してバットを握っている選手を見かけますが、この形は修正することをお勧めいたします。手の間に隙間を空けてバットを握ってしまうとバットを振り抜きにくくなり、当てるだけのバッティングになりやすいんです。極端な言い方をすれば、バント打ちになるということですね。


昔中日で活躍された彦野利勝選手は両手に隙間を空けてバットを握るタイプの選手でした。しかしわたしの記憶だけに頼るならば、他に同じようなグリップで打っていたプロ野球選手を思い出すことはできません。もしかしたら他にもいたかもしれませんが。

両手の間に隙間を空けて、つまりトップハンドの小指とボトムハンドの人差し指の間に隙間を空けてバットを握ってしまうと、スウィング時にバットが立ちやすくなります。つまりヘッドが上がりすぎてしまうということになり、ほとんどゴロしか打てないバッターになってしまいます。さらには低めのボールも非常に打ちにくくなってしまいます。

また、このグリップではバットを最後まで振り抜くことが難しくなるため、力強い打球を打つことも難しくなってしまいます。つまり両手の間に隙間を空けてバットを握ってしまうとデメリットばかりが増えてしまうということです。

ではメリットはないのか?いえ、1つだけあります。それはバットにボールを"とりあえず"当てやすくはなる、という点です。両手の間に隙間を空けるということはバントの握りに少し近づくということになりますので、その分バントのように、バットに確実にボールを当てやすくなります。

しかしバントの役目はまさにバットにボールを当てて転がすことであり、強い打球を打つことではありません。もしかしたらヒット&ランのサインが出ていて、絶対に空振りすることなく右方向にゴロを転がしたい時などは、両手の間に隙間を空けてバットを持つメリットもあるのかもしれません。ですが通常であればやはり、両手はしっかりとくっつけてバットを握る必要があります。

とにかくバットにボールを当てたいと考える、比較的技術の習熟度が低い小学生が無意識にこの握り方をしてしまうケースがあります。ですのでコーチはそうならないようにしっかりと観察し、バットをしっかりと振り抜くということを選手たちに指導して行く必要があるわけです。バットをしっかり振り抜く癖を付けておかなければ、力強いストレートに力負けしてしまうことになりますので、やはり振り抜きにくくなる両手の間に隙間を空けた握り方は、わたしはすべきではないと考えています。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾