RSS  野球塾Littlerockheartは野球選手の悩みのすべてを解決へと導き、ベストパフォーマンスを引き出します。
Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2017年10月27日

スウィングスピードを上げるコツはCDをイメージすること?!


  • スウィングスピードは腕力ではなくCDでアップさせよう!
  • トップスピードは一瞬ではなく、早い段階で長時間!
  • フラフープを使ったスローモーションスウィングも効果的!


バットスウィングのスピードをアップさせるためには、一番大事なのはキレイな軌道でバットを振るということです。軌道が乱れていたり、腕力を使い過ぎたりしてしまうとバットスウィングのスピードはアップしません。ではどうすればバットスウィングの軌道をキレイにできるのか?!


まずスウィングスピードですが、軌道全体の1ポイントのみで最高速度が出る形ではあまり意味はありません。なぜならその1ポイントでジャストミートしなければ強い打球は打てないということになってしまうからです。バットスウィングは盗塁と同じです。どれだけ早いタイミングでスウィングスピードをトップスピードに乗せられるかが鍵になってきます。

スウィングの早い段階でトップスピードに持っていくことができれば、多少差し込まれても強い打球を打てるようになり、多少詰まったとしても打球は外野まで飛んでいくようになります。ポイントは、ヒッティングゾーンに入ったと同時にトップスピードにできるかどうかです。ヒッティングゾーンとは、だいたい左膝から右膝の間となり、このゾーンでコンタクトすることが理想となります。

CDを想像してみてくださいCDの真ん中には小さな穴が空いていますが、その穴に入り込んでください。フラフープのように。入り込んだら背骨とCDの関係を直角にし、それをキープしたまま反対打席側に傾いていきます。CDの上にボールを乗せたら、転がってホームベースとキャッチャーの間に落ちるような傾き方です。反対打席とキャッチャーの中間に向かって傾くイメージです。

その形ができたら、CDの縁をスウィートスポットでなぞるようにしてバットを振ります。この形がスウィングスピードを速められ、早い段階でトップスピードに持っていくために必要な形となります。素振りやティーバッティングをしている際は最後までCDの縁をなぞれるのがベストです。ピッチャーのボールを打った際は、打った衝撃で軌道は縁から外れやすくなりますので、練習でしっかりと縁をなぞれるようになっておくことが大切です。練習でできないことは、ピッチャーを相手にしなければならない打席ではもっとできなくなります。

スウィングスピードを上げるためだけではなく、バットのヘッドが上下しないスウィングを身につけるためにも、CDをイメージした練習は非常に効果的です。イメージが難しい場合は、コーチがフラフープを持ってあげてスローモーションでスウィングさせ動きを覚えさせることも効果的ですので、ぜひ試してみてください。


Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング

【サンプル動画】球速が大幅にアップするパワーポジション


野球塾Littlerockheartコーチングメニュー


コラムカテゴリー:飛距離を伸ばす
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 意外と知らないバット用語、いくつ知っていますか?
次のコラム 打席での立ち位置を決める前に決めたい理想の形

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹する  バックウェイト打法を理解する  バットの使い方を理解する  フロントウェイト打法を理解する  ミート力を上げる  効果的な練習をする  右打ちをする  故障を防ぐ  硬式球を打つ  軟式球を打つ  野球コラム  飛距離を伸ばす 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.