TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 米国から渡ってきた飛距離を伸ばせる新たな打撃技術

米国から渡ってきた飛距離を伸ばせる新たな打撃技術


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

近年日本にも新たな打撃技術がアメリカから渡ってきました。渡ってきたというよりは、メジャーリーグを見て気付いたプロ選手の一部が取り入れ始めたという感じだと思います。どのような技術かと言うと、飛距離をさらにアップさせるためのものです。

飛距離をアップさせるためには、とにかくインパクトを強くしていく必要があります。単純にボールを強く叩けば叩くほど、打球は遠くまで飛んでいきます。ではどのようにインパクトを今まで以上に強くするかと言うと、軸足を浮かせることによって強くすることができるんです。

車同士が猛スピードで正面衝突したとイメージしてください。正面衝突した場合、車のお尻側がフワッと浮きますよね。これと同じ原理です。非軸足を開かずにしっかり踏ん張ることにより、全体重をインパクトにぶつけていくと、その衝撃で軸足が一瞬フワッと浮く形になるんです。

メジャーリーグのスラッガーたちは、すでに多くの選手がこの技術を取り入れています。しかし日本のプロ野球で常にこの形で打っている打者はまだほとんど見かけません。一部の選手がたまにこの形になっているというのが現状だと思います。

上述した内容だけを読むと、軸足をフワッと浮かせれば飛距離が伸びると思いがちですが、この形を実現するためにはしっかりと安定した土台、つまり下半身と、ブレのないコア(体幹)が必要なのです。メジャーリーガーは、日本人選手とは比較にならないほどコアを強化しています。だからこそ軸足をフワッと浮かせるこの技術でも、ブレなくバットを振ることができ、飛距離を伸ばすことに成功しているんです。

下半身を上手に使うという基礎や、コアがアスリートレベルで強い選手でなければ、プロ選手であってもこの技術を使いこなすことは難しいはずです。

先ほど、全体重をインパクトにぶつけていくと書きましたが、全体重を非軸脚に乗せるという意味ではありませんのでご注意ください。それをしてしまうと体重移動をする、ウェイトシフトによるスウィングになってしまい、ミート力も飛距離も低下してしまいます。

もしこのコラムで書いた軸足をフワッと浮かせる技術にご興味がある方は、わたくしチーフコーチのコーチングを受けにいらしてみてください。スラッガー養成コースなどで技術指導をさせていただきます。ただし、上述の通り難易度は高いのでご注意ください。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾