Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコース(完売)スラッガー養成コース(完売)の10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2015年04月24日

打つ時の上半身の突っ込みを改善する方法


バットを振った時、上半身が突っ込んでしまうことに悩んでいるバッターは少なくないと思います。特に体重移動を行うフロントウェイト打法タイプの細身のバッターの場合は、バットウェイト打法タイプのバッターよりも突っ込みやすくなります。今回のコラムでは、この上半身の突っ込みを改善させる方法を書き進めていきます。

体重移動をする打者の場合、軸脚股関節に乗せた上半身の重さを、非軸脚股関節に移動することにより、フロントウェイトというスタンスが作られます。つまり投手側の脚に体重を移動し乗せていくということですね。この打ち方を採用している場合、体重移動に連動して上半身が突っ込んでしまうことが多くなります。

しかし上半身が突っ込んでいるからといって、背骨軸だけを動かして突っ込みを改善させる方法はあまりお勧めできません。その理由は背骨の動作がぶれやすくなり、軸そのものが安定しなくなるためです。上半身がどうしても突っ込んでしまう場合は、まず軸脚の膝の動きをじっくり観察してみてください。

上半身が突っ込みやすいバッターの場合、軸脚の膝がピッチャー方向を向いていくタイミングが早く、内股気味になっていることが多いんです。上半身の突っ込みは軸脚内転筋の活躍が欠かせないわけですが、軸脚の膝が早く投手側を向いてしまったり、最初から少し投手側に入った内股で構えてしまうと、内転筋が背中側を向いてしまい、上半身の突っ込みを防ぐ作業を内転筋ができなくなってしまうのです。

体重移動をするフロントウェイト打法を採用しているバッターの場合は、特に上記2点に注意してください。軸脚膝が投手方向を向いていくタイミングと、内股になっていないかどうかです。この2点をチェックして動作を改善してあげれば、上半身の突っ込みも改善されていくはずです。ぜひ試してみてください。

野球塾Littlerockheartコーチングメニュー
ピッチングとバッティング、両方のコーチングを同時に受けられるパスポートコーチングの受付は、2018年8月26日で終了となりますので、お早めにご相談くださいませ。


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
スラッガー養成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • ミート力を低下させている原因を見つけ改善できる
  • 飛距離をアップさせるスウィングを身につけられる
  • 多少タイミングを外されてもヒットを打てるようになる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:フロントウェイト打法を理解する
コラム著:Coach Kaz
前のコラム ゴロやフライを狙う時もバットはいつも通り振ろう
次のコラム インサイドアウトはこの練習方法で身につけよう

スラッガー養成コラムカテゴリー
チームバッティングに徹する  バックウェイト打法を理解する  バットの使い方を理解する  フロントウェイト打法を理解する  ミート力を上げる  効果的な練習をする  右打ちをする  故障を防ぐ  硬式球を打つ  軟式球を打つ  野球コラム  飛距離を伸ばす 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.