TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 打つ時の上半身の突っ込みを改善する方法

打つ時の上半身の突っ込みを改善する方法


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 打率アップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間にミート力がアップするVOD野球塾

バットを振った時、上半身が突っ込んでしまうことに悩んでいるバッターは少なくないと思います。特に体重移動を行うウェイトシフト打法タイプの細身のバッターの場合は、バットウェイト打法タイプのバッターよりも突っ込みやすくなります。今回のコラムでは、この上半身の突っ込みを改善させる方法を書き進めていきます。

体重移動をする打者の場合、軸脚股関節に乗せた上半身の重さを、非軸脚股関節に移動することにより、ウェイトシフトというスタンスが作られます。つまり投手側の脚に体重を移動し乗せていくということですね。この打ち方を採用している場合、体重移動に連動して上半身が突っ込んでしまうことが多くなります。

しかし上半身が突っ込んでいるからといって、背骨軸だけを動かして突っ込みを改善させる方法はあまりお勧めできません。その理由は背骨の動作がぶれやすくなり、軸そのものが安定しなくなるためです。上半身がどうしても突っ込んでしまう場合は、まず軸脚の膝の動きをじっくり観察してみてください。

上半身が突っ込みやすいバッターの場合、軸脚の膝がピッチャー方向を向いていくタイミングが早く、内股気味になっていることが多いんです。上半身の突っ込みは軸脚内転筋の活躍が欠かせないわけですが、軸脚の膝が早く投手側を向いてしまったり、最初から少し投手側に入った内股で構えてしまうと、内転筋が背中側を向いてしまい、上半身の突っ込みを防ぐ作業を内転筋ができなくなってしまうのです。

体重移動をするウェイトシフト打法を採用しているバッターの場合は、特に上記2点に注意してください。軸脚膝が投手方向を向いていくタイミングと、内股になっていないかどうかです。この2点をチェックして動作を改善してあげれば、上半身の突っ込みも改善されていくはずです。ぜひ試してみてください。
TeamKazオンライン野球塾

 

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム野球パパ野球ママの飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾