TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾オンラインレッスン30  野球塾スーパーサポートコース  オンデマンド野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / スラッガー養成コラム / 打撃時の腋はどれくらい閉めれば良いのか?

打撃時の腋はどれくらい閉めれば良いのか?


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾
バッティングに於いて、腋を必要以上に閉じるように指導されることがあります。昔で言うこんにゃく打法のような形ですね。20年前であれば腋は閉めれば閉めるほど良いと考えられていました。しかし現代のスポーツ科学では少し異なります。人体に於いて最も力を発揮しやすい体の角度は90°となります。バットを握った両前腕の関係が90°になっている時、コンタクトで最大の力を発揮することができるのです。

両前腕の角度が90°未満になってしまうとスウィングした際、手首が背屈してしまいます。手首の背屈とは、手の甲側に手首を曲げる形です(手のひら側に曲げると掌屈)。試しに手首を背屈させた状態で腕相撲をしてみてください。まったく力を入れることができないとお分かりいただけると思います。腋を閉め過ぎたバットスウィングは、これと同じ状態になってしまうということなのです。

バッティングに於いて最も効果的な腋の閉め方は、両前腕の関係を90°に保てる程度の閉め具合、と言うことができます。この状態でスウィングすることができれば、コンタクトで最大限のパワーをボールにぶつけられるようになり、飛距離もアップすることになります。

もう一度腕相撲を思い出していただきたいのですが、さらに細かく言うと、手首はスウィング時にほんの少しだけ掌屈しているのがベストです。腕相撲をしても、その手首の角度を取った時に最も力を込められると思います。
※腕相撲の場合は手首を最大限掌屈させるのがベストかもしれません。

バットスウィング中に腋を閉めることは大切なことです。しかしそれはあくまでも、手首が背屈しない程度で留める必要があります。そもそも両前腕の関係が45°未満になってしまうとパワーどころか、バットを思うような軌道で振ることも難しくなるはずです。バットをイメージ通りの軌道で振り、最大限のパワーをボールにぶつけていくためにも、両前腕を90°の関係で保てる程度の腋の閉め具合でバットスウィングするように心がけてみてください。そうすればきっと良い結果に結びつくはずです。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

生徒さんからいただいたご感想

オンライン野球レッスン
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが体重移動をしない打ち方をマスターし、打率と長打力を同時にアップさせることに成功しています。あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッガー養成コラムカテゴリー

ウェイトシフトを理解するステイバックを理解するチームバッティングに徹するバットの使い方を理解するミート力を上げる効果的な練習をする右打ちをする故障を防ぐ硬式球を打つ軟式球を打つ野球コラム飛距離を伸ばす
(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾