ストレートの回転数について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

ストレートの回転数を増やすためには手首を立てて投げよう

  • 今だに手首を使って投げる動作が指導されてしまう
  • 手首が寝てしまうと肩関節が内外旋できない
  • 矯正サポーターで手首を立てられるようになろう

マンツーマン野球塾のレッスンを1時間¥2,500〜受講いただけます!
小学生〜草野球選手、初心者〜上級者まで、どんなレベルの選手も受講できます!

ボールの回転数を増やすのに非常に重要な役割を果たしているのが手首です。回転数を増やしたり、ボールが抜けにくくするためには、人差し指と中指の付け根の弾性力を使う必要があるわけですが、この弾性力、手首が立っていないと使うことができなんです。

今だに手首を使って投げる動作が指導されてしまう

日本では今だに「スナップスローは手首を使ってピュッと投げる」動作だと勘違いされています。この指導によって選手たちは手首を曲げながら投げる動作を覚えてしまい、そして一度この動作を覚えてしまうと、直すのに途方もない時間が必要となってしまいます。ですのでもし今だに「手首を使って投げなさい」と指導してしまっている方は、今すぐやめてください。手首は使っちゃダメです。

それは投手だけではなく、捕手・内野手・外野手すべて同じです。手首を使ってしまうとボールの回転数は増えませんし、すっぽ抜けやすくなります。スナップスローとは、テイクバックをせずに捕球後すぐにトップポジションに持ってきて投げる投げ方のことです。一方テイクバックをする投げ方のことをフルアームスローと言います。この点を絶対に間違えないようにしてください。

手首が寝てしまうと肩関節が内外旋できない

トップポジション〜アクセラレーション〜ボールリリースにかけての一連の動作の中では、手首はしっかりと立てておく必要があります。もちろんこれは最低限で、その前の段階から立てられればなお良いと思います。そもそも手首が立っていないと肩関節の内外旋が非常にやりにくくなってしまいますので、手のひらがずっと捕手方向を向いたままボールを加速させてしまう投げ方になってしまいます。

手のひらがずっと捕手を向いたままアクセラレーションを迎えてしまうと、極端な話、ボールをどこででもリリースできてしまうんです。すると抜けたり、引っかかったりしてしまいます。手首を立て、肩関節の内外旋はできる限り深く使い、アクセラレーションでは手のひらがボールリリースの瞬間だけ捕手の方を向くようにしていきます。するとストレートのリリースポイントは自ずと一ヵ所だけになっていきますので、制球力も安定するようになります。

矯正サポーターで手首を立てられるようになろう

トップポジション以降で手首が寝てしまう選手は、このサポーターのようなアイテムを使って矯正すると良いと思います。このサポーターを使って投げると、今まで手首が寝ていた選手はまったく上手く投げられなくなるはずです。しかし手首がしっかりと立っていれば、これを着けていても普通に投げることができます。回転数を増やすためにも、引っかかりや抜け球を減らすためにも、手首は立てて投げるということが非常に重要なんです。

ではなぜ日本でだけスナップスローを手首を使って投げる投げ方だと勘違いされてしまったのでしょうか?一説には野球のルールなどが英語で最初に日本に入ってきた際にそれを翻訳した人が、誤った翻訳をしてしまったからだと言われています。ちなみにルールブックにもスナップスローとは手首を使って投げる動作だと紹介されてしまっていますので、やはり誤訳が原因だったのでしょう。

月額650で受講できるCoach Kazのオンデマンド野球塾

最新野球技術で上達をサポートする
Kazコーチのマンツーマン野球塾
IMG_2472.jpg

もっと野球を上手になりたいのに、頼れるコーチがいなくて困っていませんか?

そんな悩みあっという間に解決できるのがマンツーマン野球塾です。

1. 上達するための具体的な動作と練習方法を指導!
Kazコーチの指導は経験則による曖昧なものではなく、すべて科学的に根拠のあるものばかりです。 どんな質問をされたとしても、すべて理論的に回答することができます。 だから練習内容に迷いが生じることがありません!

2. 個別指導1300人以上のずば抜けた経験値!
Kazコーチは2010年1月以降1300人以上の選手たちを個別指導してきました。 コーチとしての経験値が桁外れなんです。 だからこそお子さんのコーチングを見学いただいているお父さん・お母さんたちからも信頼されてます!

3. 怪我をしない投げ方・打ち方の指導が得意!
どんなに速いボールを投げられても、どんなに打球を遠くまで飛ばすことができても、 怪我をしてしまっては意味がありません。だからこそパフォーマンスをアップさせながら、 同時に怪我をしにくい良いフォームの指導も行っています。

Kazコーチのビデオコーチング
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 多様な変化球を覚えるより、1つの変化球をじっくり育てよう


投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾