手首を立てて投げられるサポーターを紹介中! / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

手首を立てて投げられるフォームが身につく手首用サポーター


今回は、こちらの写真の商品をご紹介させていただきたいと思います。これは怪我をした時に使うサポーターなのですが、投球・送球フォームを矯正する際にとても役立つんです!

IMG_5368.GIF
ボールを投げる際、手首を曲げてしまう選手はけっこう多いと思いますが、曲げちゃダメです。投げる際に手首を使ってしまうとボールの回転数は減ってしまい失速しやすくなりますし、上下のコントロールが安定することもありません。ですので投球・送球時は手首は真っ直ぐ立てておく必要があるんです。それができるようになると、球質はみるみる向上していきます。

IMG_5369.GIF
見た目は写真の通り、何の変哲も無いサポーターです。どこにでも売っている・・・・、のかはわかりませんが、お値段は¥1500くらいです。このサポーターを付けて違和感なく投げられるようになれば、手首を立てて投げられている、ということになります。逆に強い違和感があるうちは、スナップスローを「手首を使ってピュッと投げる」と誤解し、まだ手首を使って投げてしまっていることになりますので、ボールの伸びもアップすることはありません。

もちろんサポーターを付けている状態ですので、良い形で投げられたとしても、多少の違和感はあります。ですがそれはあくまでもサポーターを装着しているという違和感であり、リリース時の手首に対する違和感ではありません。ではなぜこのサポーターがオススメなのか?!下の写真をご覧になってみてください。

IMG_5370.GIF
写真のように、サポーターの手の甲側と手の平側に、2枚の非常に軽い金属プレートが入っているんです。そのためサポーターを装着すると、手招きをするような手首の動きを取れなくなるんです。つまり手首を立ててボールを投げざるを得なくなるんです!これはまさに優れもの!!

投球時の腕は、末端に力が入っているほど腕全体の力を抜けなくなります。つまり手首に力を入れて動かしていたり、手を強く握ってしまうと、腕全体の力を抜くことができなくなります。しかしこのサポーターを使うことによって手首をロックしてしまえば、手首に力を入れて動かすことができなくなりますので、腕全体の力も抜きやすくなります。

ちなみに金属プレートは長短2枚入っているのですが、短い方を使ってください。長い方を使ってしまうとボールを握れなくなってしまいます。また、サイズは左右それぞれLMSと3種類あるのですが、サイズ感がわからない時は大きめのを選んだ方が良いと思います。サイズはマジックテープでかなり調整できます。僕はバッティンググローブは大人のLサイズで、腕は細い方ですが、Lサイズでぴったり調整できました。

僕は手首を立ててボールを投げられますので、このサポーターを付けた状態でも普通にピッチングでもスローインでも違和感なく投げられました。ですが手首を立てられていない選手に使ってもらったところ、手首に違和感があり過ぎて最初はまったくまともに投げることができませんでした。しかし1時間ほど付け続けたところ、最後は違和感も減り、サポーターを外した時の手首の屈曲も小さくなり、上下のコントールの安定感も増しました。

小学生にも大人にも効果抜群の超オススメアイテムです。お値段も手頃ですので、投球時に手首を立てられない選手は、ぜひこのサポーターを装着して練習をしてみてください!


前の記事 O脚、X脚、外反母趾の方に強くオススメしたいHappyFeet
次の記事 スポーツ選手に特にオススメしたいBRITAのスクイーズボトル


Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾