シュート回転について書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投手のストレートがシュート回転する原因とその改善方法

  • シュート回転はスライダー回転よりマシでも、球質は低下する!
  • なぜボールがシュート回転するようになってしまうのか?!
  • どうすればシュート回転させずに投げられるようになるのか?!

投手のボールはなぜシュート回転してしまうのでしょうか?もちろんその原因は多数考えられるわけですが、今回のコラムではその中でも最も可能性の高い原因について少しお話ししてみたいと思います。


シュート回転は、スライダー回転してしまうよりはマシと言えるのですが、それでも外角を狙ったボールが真ん中に入ってきてしまう危険性を考えると、投手の場合はシュート回転もすべきではないと言うことができます。そしてシュート回転してしまう原因なのですが、最も考えられるのは股関節の内外旋が浅いという点です。

股関節の使い方が浅くなればなるほど、ボールを持った手のひらが捕手と正対してしまうタイミングが早くなってしまいます。ストレートを投げる際は、どんなピッチャーでも肩関節は多少なりとも内旋しますので、手のひらが捕手と正対するタイミングが早ければ早いほど、肩関節の内旋によってボールリリースを迎える前に手のひらがやや外側を向くようになってしまいます。これが確率として最も高いと言えるシュート回転の原因です。

非軸脚側の股関節の内外旋を深くすることができれば、手のひらはボールリリースを迎えるまで捕手と正対しなくなります。そしてストレートをリリースできるポイントもほとんど一ヵ所に絞られるため、制球も安定させやすくなります。

捕手や内野手はサイドスローで投げるため、シュート回転で曲がっていくことを前提に投げても問題ありません。しかし投手と外野手はシュート回転やスライダー回転してしまうと球質が低下してしまい、球速や遠投力が低下してしまいます。質の良い空振りを取れるストレートを投げるためにも、外野からレーザービームで返球していくためにも、非軸脚側股関節の内外旋を深く使い、ボールリリースのタイミングで手のひらが捕手と正対するモーションを身につけていく必要があります。

そしてそれを可能にする投げ方をわかりやすく教わることができるのが、当野球塾のピッチングマスターコースとなっています。

前のコラム 学生野球には1日も早く球数制限が導入されるべき
次のコラム 柔軟性が低い選手はかなり高い確率で制球難に陥ります
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾