トップポジション,パワーポジションについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > パワーポジションでの指導が多い日本の少年野球チームの現状

パワーポジションでの指導が多い日本の少年野球チームの現状

  • メジャーリーガーの個人コーチが推奨しているパワーポジション!
  • パワーポジションとトップポジションの違いとはこういうこと!
  • パワーポジションとトップポジションではどちらが良いのか?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

皆さんはパワーポジションという投球動作用語を聞いたことがあるでしょうか?トップポジションという言葉は聞いたことがあると思いますが、パワーポジションという言葉を聞いたことがある方は、日本では少ないのではないでしょうか?


トップポジションという言葉は、投手育成コラムではこれまで数え切れないほど登場してきました。しかしパワーポジションという言葉は初登場です。と言いますのは、あまりオススメしたくない動作だからです。トップポジションの復習をしておきますと、コックアップをし終えた後に肩関節が最大限外旋したところをトップポジションと言います。このトップポジションの形になって、初めて腕がしなっているように見えるようになります。

一方パワーポジションとは、コックアップし終えた後、肩関節を内旋させて、肘の内角を90°よりもやや広く伸ばした形のことを言います。パワーポジションは、メジャーリーガーを数多く指導しているアメリカ人パーソナルコーチが推奨している、パワーボールを投げるためのモーションなのです。でもわたしは絶対に推奨しません。

日本の少年野球でも、パワーポジションに近い形が指導されているケースが非常に多く見受けられます。しかしもちろん、少年野球のコーチたちがパワーポジションのメカニクスを理解していることはないと思います。パワーポジション、もしくはそれに近い形、つまりコックアップを終えたポイントで肩関節を内旋させてからアクセラレーション(加速期)に入ってしまうと、肘の内側が強制的に伸ばされる状態になってしまうんです。

肘の内側、つまり内側側副靱帯ですね。野球肘と呼ばれる症状のほとんどはこの内側側副靱帯の損傷です。そしてトミー・ジョン手術もこの内側側副靱帯を修復するための手術です。

パワーポジションを作ると、確かに力に頼りやすくなるため、初速をアップさせることができます。しかし終速もアップするかと言えばそんなことはありません。もちろん相対的には多少はアップするかもしれませんが、パワーポジションでアップさせられるのはほとんど初速だけです。

メジャーリーガーのように160キロ前後のボールを投げられれば、そのままの勢いをある程度はキャッチャーミットまで維持することができます。しかし140キロ以下、特に小中学生の球速程度では、初速と終速の差は広がるばかりとなってしまいます。つまり失速して打ちやすいストレート、ということですね。しかも肘を痛めるリスクが非常に大きい!!

簡単にトミー・ジョン手術を受けられるメジャーリーガーで、内側側副靱帯への大きな負荷を承知した上でパワーポジションを作るのならば良いと思います。しかしそうでない場合はパワーポジションではなく、トップポジションを作るべきです。トップポジションは、パワーポジションほど初速はアップさせられませんが、ボールの回転数を増やしやすいため、初速と終速の差が小さくなります。その結果、仮に球速が遅かったとしても空振りを取れる伸びのあるストレートを投げられるようになります。

しかもトップポジションを良い形で作ることができると、肘への負荷はほとんどなくなります。なぜなら肘が伸ばされる瞬間がなくなるからです。筋肉や靭帯の損傷は、それらが伸ばされた時に起こります。良いトップポジションを作ることができれば肘が伸びなくなりますので、肘への負荷はほとんどなくなり、野球肘になるリスクも最小限に抑えられるようになります。

野球をやる上でとにかく一番大事なことは、怪我をしない、させないということです。そのためにも特に少年野球チームのコーチはパワーポジションではなく、トップポジションを使った投球・送球モーションを子どもたちに指導すべきだとわたしは考えています。

最新の投手育成コラムは2020年01月28日(火)公開の
『冬場は特に欠かせない投手の爪と手のコンディショニング』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム コーチが子どもに受動喫煙させているという少年野球の現実
次のコラム 投球動作作りで最も重要なのは何よりも土台を安定させること
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾