TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / スライダーを多投すると肘が下がるというのは本当なのか?!

スライダーを多投すると肘が下がるというのは本当なのか?!


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

スライダーを多投すると肘が下がりやすいとよく言われますが、これは本当なのでしょうか?!結論から言うと、イコールではありませんが、そうなる可能性は高いと言えます。特に股関節の使い方が浅く、逆に肩関節の水平内転動作が大きな投手はそうなる可能性が非常に高くなります。


投手育成コラムではもう何度も書いてきたことではありますが、ボールを投げるのに肩関節は使うべきではないんです。ボールをリリースする前に肩関節を使ってしまうから肩周辺への負荷が大きくなり、野球肩になってしまいます。使うのは肩ではなく股関節です。

肩関節を水平内転させることによりボールを投げてしまうと、リリースポイントで必ず肘が下がってしまいます。言い方を変えると、水平内転に頼ってしまうと、肘を下げなければボールをリリースポイントまで持って行くことができなくなるんです。人間の体とは、そういう構造になっているんです。

そして肘が下がってしまうと肩肘への負荷が大きくなるため、体は自然とボールを早くリリースしてしまおうとし、リリースポイントがどんどん打者から遠ざかってしまいます。すると手のひらがキャッチャーミットと正対する前にボールを投げなくてはならなくなり、ストレートを投げたはずがスライダー回転になってしまいます。つまりナチュラルスライダーとは、良くないモーションで投げている結果というわけなのです。

肩関節の水平内転には頼らず、非軸脚側の股関節を内旋させることによってボールをリリースポイントまで持って行くことができれば、スライダーを多投したところで肘が下がることはありません。ちなみに投げたあと野手の守備姿勢でフィニッシュを取る投手は、水平内転が大きくなりやすく、肘が下がりやすくなりますので要注意です。

当野球塾では股関節を深く使い、肩肘に頼らずに投げるモーションを徹底指導することによりパフォーマンスを向上させていくというコーチングを行なっています。怪我をしにくい投げ方を身に付けたい方は、ぜひピッチングマスターコースに通ってみてください。良い投げ方は、早い段階で身につけましょう!
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾