TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 手投げを卒業するためには股関節を股関節の幅で使うことが重要

手投げを卒業するためには股関節を股関節の幅で使うことが重要


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

手投げ=非軸足側股関節を使っていない投げ方、ということは投手育成コラムでも何回か書いてきました。スポーツ医学の専門用語でこれを骨盤回旋不良と呼びます。非軸足側の股関節を使えるかどうかが手投げを卒業できるか否かの分かれ道となるわけですが、卒業するためにも非軸足はストレートステップで踏み出して行くことが重要になります。


では股関節をもっとも効果的に使いたい瞬間とは?それはもちろんボールリリースです。この瞬間、そしてこの直前に股関節をどれだけ最良の形で動かしてこられるかが鍵となります。そしてそのためには、股関節を股関節の幅で使うということが望まれます。

もちろん実際に股関節の幅を正確に知るためにはレントゲンを撮る必要があります。しかしだいたい、両脚ともに垂直にできる幅と考えてください。これ以上股関節を内転させてしまうと、両脚が股関節の幅より狭くなることで動きが窮屈になり、股関節を効果的に使えなくなります。逆に外転しすぎてしまうと今度は股関節を回せる幅が短くなってしまい、やはり効果的に使うことはできなくなってしまいます。

さて、冒頭でストレートステップが必要だと書きました。真のストレートステップとは、非軸足がランディングを迎えた瞬間に軸足に深くエッジがかかる形にし、非軸足の人差し指と中指の間・踵の中心・軸足の土踏まずが一直線になるステップのことを刺し、この時両靴は直角にする必要があります。非軸足が真っ直ぐ向いている=ストレートステップ、ではありませんので注意が必要です。

上述したような真のストレートステップにすることができると、ボールリリースの前後で股関節を股関節の幅のまま使って行くことができ、股関節を最大限使いながらボールを投げられるようになります。その結果リリースポイントが最大限打者に近づき、アクセラレーションの距離が長くなる分ボールの回転数が増え、伸びのあるストレートで簡単に打者を差し込めるようになります。間違っても肩関節を水平内転させることでリリースポイントを打者に近づけようとしないでくださいね。これをやってしまうと野球肩になります。

ボールは言わずもがな下半身主導で投げる必要があります。その最初の一歩目として、上述したようなストレートステップが必要になるわけです。土台となるこの部分が安定しなければ、足首から上すべてが崩れてしまい、パフォーマンスがアップすることはなくなります。もしくは早めにプラトーを迎えてしまうことになります。

打つのも投げるのも土台がとにかく重要です。投手に関しては絶対的に上述したストレートステップをマスターする必要があります。内野手に関しては少しオープン気味で投げた方が相手が取りやすくなりますので、必ずしもストレートステップにこだわる必要はありません。

ですが投手であれば採用するしないは別問題としても、少なくともストレートステップをいつでもできるようにしておく必要があります。これができなければ股関節を最大限活用することが難しくなりますので、手投げを卒業することも同時に難しくなってしまいます。ですのでもし今までストレートステップで投げられていなかった投手は、この機会にストレートステップをマスターできるように練習してみてください。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾