ワインドアップ,ノーワインドアップ,セットポジション,クイックモーション,プラントレッグについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 特に小学生はセットではなく振りかぶって投げるべき理由

特に小学生はセットではなく振りかぶって投げるべき理由

  • ワインドアップをセットにしても制球力は良くならない?!
  • ワインドアップやノーワインドアップで投げるメリットとは?!
  • クイックやプラントレッグでは股関節を使うのが難しい?!


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

今回の投手育成コラムではワインドアップ、ノーワインドアップ、セットポジション、クイックモーション、プラントレッグの違いについてかんたんに解説をしてみたいと思います。


まずワインドアップというのは両腕を頭の上に振りかぶってモーションをスタートさせる投げ方です。ノーワインドアップは振りかぶらないこと以外は、ワインドアップとほとんど同じです。

セットポジションはあらかじめ両足をプレートと平行にセットした状態から投げ始めます。クイックモーションはセットポジションとほとんど同じですが、盗塁を防ぐために非軸脚をほとんど上げずに素早く投げます。

最後にプラントレッグというのはあらかじめ足を大きく開いた状態でセットし、非軸脚はもちろん振り上げず、ステップもほとんどせずに投げます。

ピッチングモーションのポイントは、どれだけ股関節を上手に使えるかどうかにあります。股関節を使えない投げ方=手投げと言い、専門的には手投げのことを「骨盤回旋不良」と言います。ワインドアップがもっとも股関節を深く使うことができ、クイックモーションやプラントレッグでは股関節の使い方が非常に難しくなります。

時々制球力を良くするためにワインドアップではなく、セットポジションで投げるように指導するコーチがいますが、これは間違いです。制球力は股関節の動作を改善することによりスローイングアームの動き方をコンパクトにし、良くしていきます。つまりワインドアップで制球力が悪い投手は、セットポジションに変えても根本的に制球力が改善することはありません。

それどころから股関節の使い方が浅くなってしまう分手投げになりやすく、小手先でコントロールする悪い癖がつき、それによって投球時に肘がロックされやすくなり、肘を痛めてしまいます。

特に小学生のように投球動作のスキルがまだ高くない場合、投手もキャッチボール中の野手もワインドアップで投げるべきです。股関節を上手に使うことができると肩肘を使って投げる必要がなくなり、野球肩・野球肘のリスクを軽減させることができます。

ちなみにワインドアップとノーワインドアップに関しては、どちらでも良いと思います。この2つに関しては自分自身がリズムを取りやすいフォームを選択すれば問題ありません。最初の構えの時に両靴がまっすぐキャッチャーの方を向いていて、振りかぶると同時に非軸足を一足分バックステップし、そこから軸脚側の股関節を90°開いて軸足をプレートにセットする形ができていれば、どちらを選んでも大差はありません。

ワインドアップでは股関節を深く使える分体全体を使えるようになり、プラントレッグに近付くほど股関節を深く使うことが難しくなります。股関節を使えない分、通常ワインドアップと比べると、セットポジションでは5km/h前後球速が低下してしまいます。ただしプロ選手でも一握りしかいない、股関節の使い方が非常に上手な投手であればワインドアップとセットポジションでの球速差はほとんど出ません。例えばダルビッシュ有投手などは、ほとんど球速差が見られない投手だと思います。

小学生選手の将来を考えるならば、やはり通常はしっかりと振りかぶり、股関節を深く使いやすいモーションで投げるべきだと思います。ただ、中にはセットポジションでないとリズムを作れない投手も稀にいます。そういう場合に関してのみは、セットポジションで股関節を深く使うための技術を、ちょっと難しいですが身につけていけば良いと思います。

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 腕は大きく使わずにコンパクトに振って投げよう!
次のコラム 日本球界の二段モーションは本当にボークだったのか?
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾