肩を傾かせて投げるについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投球・送球時に肩を傾かせるほど怪我のリスクが高まる!?

  • 人体は腕を肩よりも高く上げる構造にはなっていない!?
  • 投球・送球時は肩を水平にして投げることが大切!
  • 肩よりも上げたい場合はリスクを承知の上で導入すべし!

人間の体というのは実は、腕を肩よりも上に持ち上げやすい設計にはなっていないんです。そのため野球の投球動作という運動強度の高い動きの中で腕や肘を肩よりも上に持ち上げてしまうと、体への負担は非常に大きくなってしまいます。特に肩や背筋への負荷が高くなり、怪我をしやすくなってしまいます。


これはボールを投げるスローイングアーム側だけの話ではなく、グラヴを付けているリーディングアーム側にも同じことが言えます。エイミング時に腕を肩よりも高く上げてしまうと、肩線分の水平も維持しにくくなり、柔道の背負い投げのような形で投げるようになってしまいます。すると背中への負荷が非常に大きくなり、背筋痛を引き起こしてしまいます。

また、背負い投げのような動作で投げてしまうとボールの回転数も減ってしまい、さらに上下への制球力も低下してしまいます。ただしどうしてもエイミングを肩よりも高くしたいという投手もいるかもしれません。その場合はこのようなリスクがあるということを理解した上で、その動作を導入する必要があります。

投球でも送球でも、肩線分の水平を崩すことにメリットはほとんどありません。例えばスローイングアーム側の肩を下げて傾いた状態で投げようとすると軸足に体重が残りやすくなり、体重移動を最後まで終えられない分、本来投げられるはずのスピードを得られなくなってしまいます。

でも実は、手投げをしている投手に限って言えば肩を傾かせた方が球速が出やすくなります。と言っても上がるのは初速だけで、終速はほとんど上がりません。手投げをすれば初速はアップすると言っても、上述した体への負荷は変わらないわけですので、怪我をするリスクを高めてまで導入が必要かと聞かれれば、それほどの価値はないように思います。

スポーツ選手にとって一番重要なのは怪我をしないことです。怪我をしてしまえば練習もできなくなり、ライバルたちにどんどん置き去りにされてしまいます。そうならないためにも、投打ともに怪我をしにくいモーションを身につける必要があるわけです。

前のコラム 怪我をしてしまった時の受診時のために覚えておきたいこと
次のコラム 冷え性は野球選手にとっても敵!その意外な原因とは?!
このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / ブログ
2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座
投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾