TeamKazオンライン野球塾 オンライン野球塾  オンデマンド野球塾  野球の教科書シリーズ  お問合せ  レッスンのお申し込み
トップページ > 野球の教科書シリーズ > 筋トレよりも多くの時間を割くべきストレッチング

筋トレよりも多くの時間を割くべきストレッチング

【このページの主な内容】

このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント
コーチングをしていると、多くの選手がストレッチングを軽視しているように感じられます。もちろんしっかりと毎日ストレッチングしている選手も多いのですが、しかしそれ以上にストレッチングを手抜きしてしまっている選手が多いようです。ストレッチングは筋トレ以上に大切です。筋トレだけ行うよりも、ストレッチングだけ行った方がパフォーマンスへのプラスは大きいのです。

現役選手でストレッチングを1日に合計30分以下しか行わない選手は時間不足です。現役選手であれば毎日、合計1〜2時間は行うべきです。何もストレッチングに集中する必要はありません。テレビを観ながらであったり、本を読みながらであったり、音楽を聴きながらであったり、何かをしながらストレッチングを行ってもその効果は変わりません。

なぜストレッチングが必要かといえば、まず単純に怪我の予防という側面があります。これに加え体への負担が少ない適切な投球動作を身につけるためには、相応の関節可動域が必要となります。特に股関節の可動域は広い方がパフォーマンスにはプラスとなり、股関節の可動域が狭いと怪我のリスクが跳ね上がり、パフォーマンスも大幅に低下してしまいます。

股関節を含めた骨盤周りの可動域を支配しているのは主にハムストリングスです。ここが硬いと骨盤周りの可動域は絶対に広がりません。現役選手であれば前屈をして簡単にパームタッチができるくらいの柔軟性が必要です。指先程度しか床にタッチできなかったり、開脚前屈で脚が90°程度しか開かない選手は硬いという判断になります。座って行う開脚前屈であれば最低でも130〜140°、できれば180°に近い角度で開けるとベストです。

プロ野球を観察していても、他競技を観察していても、股関節の可動域を広く確保できている選手は、一般的な選手よりもずっと長い時間を現役として過ごすことができています。逆に肩肘を痛めやすい選手の場合、股関節の可動性が現役選手としては狭いことが非常に多いんです。もしくは股関節を上手に使った投げ方ができていないというケースも多く見受けられます。

Coach Kazのマンツーマン野球塾では主に、上半身と下半身のつなぎ目である股関節を上手に使う投球動作を指導しています。そのため肩痛や肘痛に悩んでいた選手のほとんどがコーチング後には痛みなく投げられるようになります。そしてスランプやプラトーに悩んでいた選手の場合は、その壁を打破できることがほとんどです。

股関節を上手に使った体への負荷が少ない、パフォーマンスをアップさせやすい投球動作を身につけるためにも、ストレッチングは筋トレ以上に時間を割いて行うようにしてください。なお股関節を上手に使う投球動作を身につけたい場合は、ぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングを受けにいらしてください。お待ちしております。

このコラムの筆者Kazコーチのわかりやすすぎるレッスンを受けてみよう!

このコラムの筆者、TeamKazオンライン野球塾のKaz先生のレッスンビデオを無料で見ちゃおう!

肩肘を痛めずに球速をアップさせられる動作改善テクニックと、 滅多に空振りをしなくなる抜群のミート力を身につける方法を、 90分間の動画で解説しています!

今すぐ動画をゲットしよう!

0001.JPG

ご視聴登録フォーム

ご登録いただくと1分以内に、メールで視聴用URLが届きます!

TeamKazオンライン野球塾
Kaz先生の無料カウンセリングご相談用ページはこちら!


上のような動画を送ってみて下さい。
TeamKazオンライン野球塾公式LINEアカウント新登場!
友だち追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSでも情報発信中!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook
フォローしてね!

旧投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2020
TeamKazオンライン野球塾