TeamKazオンライン野球塾  VOD野球塾(スマホ用QRコード)  ZOOMレッスン野球塾 
HOME / Kazコーチの科学的野球ブログ / 投手育成コラム / 意外と正しい握りができていない4シームストレート

意外と正しい握りができていない4シームストレート


このエントリーをはてなブックマークに追加

⚾️ 球速5kmアップなら2時間で十分!
2時間練習するだけであっという間に球速が5kmアップするVOD野球塾

コーチングをしていると二人に一人くらいの割合で、4シームストレートを正しく握れていない投手がいます。やはり良いボールを投げるためには、そのための握りができていることが前提になりますので、適切な握り方ができていないとどれだけ投球動作を改善してもシュート回転や、スライダー回転をしてしまいます。

握り方を間違っている選手で一番多いのは、人差し指と中指の間を広く開けすぎてしまうケースです。これは手の小さい小学生選手に多いのですが、指先を広げてしまうのは少し危険です。と言いますのは、スプリッターの握りに近いくらい指を広げてしまっている選手も少なくないためです。

スプリッターやフォークボールというのは、人差し指と中指の間にボールを挟むようにして握るわけですが、この握りだと投球時に肘の動きにロックがかけられてしまうんです。フォークボールを武器にする投手が肘を壊しやすいというのは、これがひとつの原因です。

肘を柔らかく使っていくためにも、人差し指と中指の間は指1本分、もしくは1本弱くらいの幅がベストです。ちなみに人差し指と中指をくっつけるとボールのスピンを増やすことはできるのですが、コントロールが難しくなります。ですのでコントロールに絶対的な自信がない場合は、指1本分程度開くのが良いと思います。

それともう一点、ボールの真ん中を握れていない選手も非常に多くいます。硬式球にはないのですが、軟式球には必ず赤道が存在しています。半球と半球をくっつけて一つのボールにした際に生じた接着線です。まず人差し指と中指で赤道を挟むようにし、その赤道の真裏に親指とボールの接点を持ってきます。これが4シームストレートの基本的な握り方です。赤道から少しでもずれてしまうと、シュートやカッターの握りになってしまうので要注意です。

硬式球を使っている方も、ぜひこの機会に一度軟式球を使い、適切な握り方ができているかどうかをチェックしてみてください。真っ直ぐ握っているつもりでも、以外と少しだけずれていることもあります。きれいなバックスピンをかけてストレートの伸びを良くし、空振りを取れるようになるためにも、4シームを正しく握れているかどうか、ぜひ一度チェックしてみてください。
TeamKazオンライン野球塾

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾