股関節

トップページ > 投手育成コラム > 股関節を制する投手がピッチングを制する

股関節を制する投手がピッチングを制する

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングは、とにかく股関節の使い方を重視しています。特別なメソッドをご用意しているわけではないのですが、その投手のタイプに合った股関節の使い方をコーチングの中で模索していき、動作改善に繋げています。なぜ股関節かと言うと、下半身で作り出した大きなエネルギーを上半身に伝えられるのは、唯一股関節だけだからです。

どんなスポーツであっても、股関節が弱く硬い選手は怪我をしやすく、パフォーマンスを向上させられる幅が狭くなってしまいます。しかし股関節が強くしっかり動く選手は怪我は少なくなりやすく、パフォーマンスを向上させられる幅もどんどん広がっていきます。30代40代になって、さらに上達していくことも可能なのです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングで目指しているのは、プロ野球選手で言えばイーグルスの則本昂大投手、カープの大瀬良大地投手、ライオンズの岸孝之投手のような股関節の使い方です。この内、則本投手と大瀬良投手はタイプが近く、岸投手はまた違うタイプの股関節の使い方となります。しかし共通して言えることは、股関節が強くしっかりと動いており、良い形の動作になっているという点です。

股関節の使い方が悪ければ、地に足をつけてしっかりと踏ん張ることができなくなります。踏ん張りが利かなくなれば上半身がブレるようになり、腕を無駄なくスムーズに振ることができなくなり、ボールの質が低下してしまいます。

逆に股関節を上手に使うことができれば、腕は意識しなくても良い形で振ることができるようになります。つまり下半身主体で投げられるようになる、ということですね。ちなみに股関節に関しては投げる動作だけではなく、打つ動作に於いても同じことが言えます。

パフォーマンスを向上させ故障のリスクを軽減させるためにも、ぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングで良い股関節の動かし方を身につけてください。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム お辞儀しないストレートを投げるために必要なこと
次のコラム このような動きをすると野球肩になりやすい
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾