Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
【野球塾Littlerockheartからのお知らせ】
2018年4〜12月の大まかな予定
パスポートコーチング新規・時間追加受付終了のお知らせ
2019年6〜8月のコーチング予約に関するご案内

2018年8月16日(木)〜2018年8月26日(日)までの間、 先着2名様ずつ、 パスポートコーチング30%オフピッチングマスターコース(完売)スラッガー養成コース(完売)の10回コース以上を20%オフ にさせていただきます!詳しくは各コースのページをご参照ください。
2014年12月03日

股関節を制する投手がピッチングを制する


Littlerockheartのコーチングは、とにかく股関節の使い方を重視しています。特別なメソッドをご用意しているわけではないのですが、その投手のタイプに合った股関節の使い方をコーチングの中で模索していき、動作改善に繋げています。なぜ股関節かと言うと、下半身で作り出した大きなエネルギーを上半身に伝えられるのは、唯一股関節だけだからです。

どんなスポーツであっても、股関節が弱く硬い選手は怪我をしやすく、パフォーマンスを向上させられる幅が狭くなってしまいます。しかし股関節が強くしっかり動く選手は怪我は少なくなりやすく、パフォーマンスを向上させられる幅もどんどん広がっていきます。30代40代になって、さらに上達していくことも可能なのです。

Littlerockheartのコーチングで目指しているのは、プロ野球選手で言えばイーグルスの則本昂大投手、カープの大瀬良大地投手、ライオンズの岸孝之投手のような股関節の使い方です。この内、則本投手と大瀬良投手はタイプが近く、岸投手はまた違うタイプの股関節の使い方となります。しかし共通して言えることは、股関節が強くしっかりと動いており、良い形の動作になっているという点です。

股関節の使い方が悪ければ、地に足をつけてしっかりと踏ん張ることができなくなります。踏ん張りが利かなくなれば上半身がブレるようになり、腕を無駄なくスムーズに振ることができなくなり、ボールの質が低下してしまいます。

逆に股関節を上手に使うことができれば、腕は意識しなくても良い形で振ることができるようになります。つまり下半身主体で投げられるようになる、ということですね。ちなみに股関節に関しては投げる動作だけではなく、打つ動作に於いても同じことが言えます。

パフォーマンスを向上させ故障のリスクを軽減させるためにも、ぜひLittlerockheartのコーチングで良い股関節の動かし方を身につけてください。

野球塾Littlerockheartコーチングメニュー
ピッチングとバッティング、両方のコーチングを同時に受けられるパスポートコーチングの受付は、2018年8月26日で終了となりますので、お早めにご相談くださいませ。


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:ピッチングモーション
コラム著:Coach Kaz
前のコラム お辞儀しないストレートを投げるために必要なこと
次のコラム このような動きをすると野球肩になりやすい

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.