手首,スナップスロー

トップページ > 投手育成コラム > ボールリリース時の手首の理想的な使い方

ボールリリース時の手首の理想的な使い方

ボールをリリースする際、手首を使って投げた方が強いボールを投げられると勘違いされている方が多いと思いますが、実はそうではありません。ボールを投げる際は手首は曲げず、立てておいた方がパフォーマンスに対し好影響を与えてくれるのです。

ボールリリースで手首を背屈(手の甲側に手首を曲げる動作)・屈曲(手のひら側に手首を曲げる動作)させてしまうと、リリースされるまさにその瞬間、指先とボールの接し方に大きなブレが生じてしまいます。これによりボールにかけられるバックスピンが低下し、お辞儀しやすいボールになってしまうのです。

さらに手首を使ってしまうとリリース時に、リリース角度が上下に動いてしまいます。これによりリリース時に手首が背屈していた場合、ボールは高めに浮きやすくなります。また手首が屈曲状態でボールをリリースした場合、ボールは力強いにもかかわらずワンバウンドしやすくなります。ボールがどうしても高めに行ってしまう、どうしても低めに行ってしまうという方は、手首を必要以上に曲げていないかをチェックされてみるといいかもしれません。

手首を曲げてしまうとバックスピンや制球力にも大きな影響を与えてしまいますが、それに加え球威にも影響を与えてしまいます。ボールを投げる際、肩関節には内旋・外旋動作が発生しているのですが、手首が曲がっていると肩関節の内旋・外旋がしにくくなってしまうのです。

内旋・外旋が浅くなってしまうとボールをリリースするまでの加速距離が短くなり、球威低下に繋がってしまいます。また、トップポジションで外旋が浅くなることで肘が下がりやすくなり、パフォーマンスが低下するだけではなく、故障を起こすリスクも高まります。

テイクバックやコッキング時にリラックスしている故に手首が曲がってくることには問題はありません。しかしトップポジションからボールリリースにかけては、手首はしっかりと立てておく必要があります。ボールリリースで手首が立っていれば人差し指と中指の付け根による弾性力が使いやすくなり、ボールに与えられるバックスピンも増えやすくなるのです。

最後にもう一点、スナップスローを手首を使って投げると勘違いされている方がいらっしゃると思います。しかしスナップスローというのはテイクバックを使わない投球・送球動作のことで、捕球後すぐにトップポジションに持って行き投げる、内野手や捕手特有の送球動作となります。これも間違ってしまうことが多いので、お気をつけください。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 大事なのに知識が曖昧になりやすいトップの作り方
次のコラム お辞儀しないストレートを投げるために必要なこと
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾