スローモーションについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年11月17日

上達速度を上げるスローモーション練習

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


Littlerockheartのコーチングでは、スローモーション練習を重要視しています。これはその名の通り、質の良い投球動作をスローモーションで取る練習方法です。野球以上に動作の再現性が強く求められるゴルフのプロ選手、石川遼選手なども日常的に行っている練習方法です。

投球動作は通常は2〜3秒で完了する運動です。しかしこれを30秒以上、できれば50秒以上かけてスローモーションで行っていくのです(並進運動のフェイズだけはスローモーションは少し難しいです)。スローモーションで動作を取ることにより、再現性の質が高まります。つまり頭で思い描いた投球動作が取りやすということです。

理想的な投球動作を知識として学んだとしても、それを実際の投球練習ですぐにできるようになる、もしくは安定的にできるようになることはまずあり得ません。今日できたとしても、明日はできなくなるかもしれない、というのが普通なのです。しかしそうならないように、スローモーション練習で理想的な動作を正確に再現し、それを日常的に繰り返し、体にその動作を染み込ませるのです。

これはピッチングだけではなく、バッティングでも同じことが言えます。ですがもちろん、スローモーションのみやっていればいいというわけではありません。スローモーションから、少しずつ運動強度(運動速度)を上げていきます。そして最終的に、実際の投球でも理想の動作で投げられるように、少しずつ少しずつステップアップしていきます。

ステップアップをしていっても、一番最初のスローモーション練習は日常的に行うことをお勧めします。できるようになっても基礎練習を繰り返すことにより、質の良い投球動作の再現性を高めることができます。つまりいつでも良い動作で投げられるようになり、パフォーマンス(プロセス+結果)が安定するということです。

Littlerockheartでまず理想の投球動作を学んでいただき、それを持ち帰り、スローモーション練習によって動作を体に染み込ませていってください。そうすれば劇的に上達することはなくても、着実に上達していくことはできます。上達にとって大切なのは、決して焦らないということです。上達を焦れば焦るほど、上達速度は低下してしまうものなのです。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 野球肩・野球肘には必ず投球動作内に原因が存在する
次のコラム 上達できる選手の特徴と、できない選手の特徴

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾