TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 上達速度を上げるスローモーション練習

上達速度を上げるスローモーション練習


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾
Coach Kazのマンツーマン野球塾のコーチングでは、スローモーション練習を重要視しています。これはその名の通り、質の良い投球動作をスローモーションで取る練習方法です。野球以上に動作の再現性が強く求められるゴルフのプロ選手、石川遼選手なども日常的に行っている練習方法です。

投球動作は通常は2〜3秒で完了する運動です。しかしこれを30秒以上、できれば50秒以上かけてスローモーションで行っていくのです(並進運動のフェイズだけはスローモーションは少し難しいです)。スローモーションで動作を取ることにより、再現性の質が高まります。つまり頭で思い描いた投球動作が取りやすということです。

理想的な投球動作を知識として学んだとしても、それを実際の投球練習ですぐにできるようになる、もしくは安定的にできるようになることはまずあり得ません。今日できたとしても、明日はできなくなるかもしれない、というのが普通なのです。しかしそうならないように、スローモーション練習で理想的な動作を正確に再現し、それを日常的に繰り返し、体にその動作を染み込ませるのです。

これはピッチングだけではなく、バッティングでも同じことが言えます。ですがもちろん、スローモーションのみやっていればいいというわけではありません。スローモーションから、少しずつ運動強度(運動速度)を上げていきます。そして最終的に、実際の投球でも理想の動作で投げられるように、少しずつ少しずつステップアップしていきます。

ステップアップをしていっても、一番最初のスローモーション練習は日常的に行うことをお勧めします。できるようになっても基礎練習を繰り返すことにより、質の良い投球動作の再現性を高めることができます。つまりいつでも良い動作で投げられるようになり、パフォーマンス(プロセス+結果)が安定するということです。

Coach Kazのマンツーマン野球塾でまず理想の投球動作を学んでいただき、それを持ち帰り、スローモーション練習によって動作を体に染み込ませていってください。そうすれば劇的に上達することはなくても、着実に上達していくことはできます。上達にとって大切なのは、決して焦らないということです。上達を焦れば焦るほど、上達速度は低下してしまうものなのです。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾