弾性力,ボールが抜ける

トップページ > 投手育成コラム > ボールが抜ける原因の一つとなる弾性力の弱さ

ボールが抜ける原因の一つとなる弾性力の弱さ

ボールが抜けやすい投手は少なくないと思います。ボールが抜けてしまうことにはいくつかの原因が考えられるのですが、今回はその中でも弾性力に関してお話をしてみたいと思います。弾性力が弱いとボールに与えられる回転が少なくなるだけではなく、ボールが抜けやすくなってしまうのです。では弾性力とは?

利き手の人差し指と中指の先を、ボールの縫い目にかけるようにして反対の手の平に当ててください。そして手の平でゆっくり押していき、2本の指を手の甲側にしならせていってください。人によっては手の甲と指が180°までしかしならない人もいますし、45〜90°近くまでしなる人もいます。ですのでしなり具合は人それぞれで大丈夫です。

2本の指をしならせたら、そこから一気にデコピンをするかのように弾いていってください。この弾く力を弾性力と呼ぶのですが、ボールをリリースする瞬間、この弾性力を利用することができないと、ボールは抜けやすくなります。傾向として、リリース時に手首を曲げてしまう選手は弾性力が使いにくくなるため、ボールは抜けやすくなります。

これまでのコラムでも幾度が紹介してきましたが、ボールを投げる際に手首を使ってはいけません。手首を使って投げる動作をスナップスローと勘違いされている方も多いようですが、これは誤りです。スナップスローとは、捕球してすぐにボールをトップポジションに持っていく投げ方のことを言います。

投手は、リリースの瞬間だけ力を入れろとよくアドバイスされますが、このアドバイスをさらに噛み砕くと、リリースの瞬間に弾性力を使いなさい、ということになるのです。弾性力をしっかり使えるようになると、ボールは抜けにくくなり、与えられる回転数も増えるため伸びも増していきます。

投手じゃなくても、ボールが抜けやすいという選手はぜひこの弾性力を意識してキャッチボールを行ってみてください。しっかりと使えるようになったら、ボールが抜ける確率を大きく下げることができるはずです。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 背筋を鍛えれば球速が上がるということの真意
次のコラム 先発投手に立ち上がりが苦手な投手が多い理由
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾