投手,体が開く

トップページ > 投手育成コラム > 体が開きにくい投球動作を習得するためのコツ

体が開きにくい投球動作を習得するためのコツ

投球動作に於いて体が開いて良いことは一つもありません。強いて言えば、楽をして投げられるというくらいでしょうか。しかし少なくともパフォーマンスに対しプラスになることは一つもありません。ですがアマチュアクラスの投手の多くは体が開いてしまっています。そしてもちろんプロ野球の投手であっても、体が開き気味にある投手は少なくありません。みんなどれだけ楽をして投げているか、ということですね。

体が開かないようにするために効果的なポイントがあります。それはフリーフット、つまり右投手なら左脚を振り上げたところ、左投手なら右脚を振り上げたところです。ここでどのような形を取れるかにより、体が開くか否かをある程度調整することができます。ちなみに今現在、あなたは振り上げた脚をどの位置に上げていますか?

体が開きやすい投手の場合、脚をその場で上げている場合が多くなります。更に良くないケースとしては、振り上げたところで股関節が外旋してしまっている場合もあります。つまり膝頭が捕手側を向き、足の裏が二塁ベース側を向くような形です。このような脚の振り上げの形になってしまうと体が開きやすいばかりか、上半身が背屈(後ろに仰け反るような形)しやすくなります。上半身が少しでも背屈してしまうと下半身の踏ん張りが利かなくなり、上半身に頼って投げざるを得なくなります。

体を開きにくくし、しっかり地に足を付けて投げるためには、軸脚と重なる位置に脚を振り上げることがポイントとなります。背中側から見たら、軸脚一本しか見えないような形です。ここから股関節を内旋させながら振り上げた脚を下ろしていきます。この形を作ることができれば体は開きにくくなり、背屈もしにくくなります。

ただし、この動作だけを行えば体が開かなくなるというわけではありません。あくまでも体が開きにくくなるためのワンポイントですので、他の部位の動作も同時に良い形を作っていけなければ、本当の意味で体がまったく開かない投球動作を実現させることはできません。ですがそれを実現させるための前提として、フリーフットは大きなポイントとなります。投球動作は下半身が重要であるため、まずは下半身を良い形で使えるようになるかが一つの鍵となるわけなのです。

学校の部活動や地域のチームでは、なかなか奥の深い精密な技術コーチングを受けることは難しいと思います。そんな場合はぜひCoach Kazのマンツーマン野球塾にご相談ください。ご相談やコーチングに関するカウンセリングは無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

最新の投手育成コラムは2020年02月11日(火)公開の
『シュートは投げ方を間違わなければ肘を痛めることもない』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム そもそもなぜ野球肩や野球肘になってしまうのか?
次のコラム 勘違いしやすいヒップファーストフォール動作の形
Kazコーチ
野球に関するオンライン野球塾へのご相談を受け付けています。
Kazコーチまでお気軽にお問い合わせください。
お問合わせフォーム
少年野球、中学野球、高校野球、大学野球、草野球、プロ野球に対応

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾