Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2014年07月07日

投球動作は体の最下部から作り上げることが大切


投球動作を改善する際、腕など上半身の動きばかりに注目してしまうことがあります。しかしこれは根本的な動作改善にならないことも多いのです。と言っても上半身の動作改善をする必要がない、というわけではありません。上半身の動作に欠点が見つかった際は、それをしっかりと直していくことは大切です。

ですがそれ以上に大切なのは、下半身の動作が最適であるかどうかを確認することです。単純に考えてみてください。もしピラミッドの一番下の段の石の並びがいびつだったり、バランスが悪かったりすれば、それよりも上の段が安定することは絶対にありません。投球動作も同じです。最下部である靴を履いた部分、足部の動作が安定していなければ、足首よりも上が安定することはないのです。

投球動作を改善するためには、まず一番下(足部)と一番先に行う動作(ワインドアップ等)を見ていく必要があります。この2つのポイントが改善されないままでは、上半身の動きをいくら工夫していっても、根本的な動作改善には繋がらないのです。順番的にはまず足部の動作を改善し、それから足首、膝、股関節、体幹というように、見るポイントを徐々に上に上げていきます。

投球動作を作り上げるという作業は、ピラミッドを造る作業とよく似ています。下の段から下の段から作り上げ、一番上にあたる部分(ボールを握っている手部)は、一番最後に仕上げとして整えるという考え方が望ましいと、Littlerockheartでは考えています。

上半身の動きを見る方が意識しやすいですし、指導する際もセンセーショナルなコーチングを行うことができます。ですが本当に重要なのは足部の安定感なのです。足部、つまり靴を履いた部分が最適な動作を取り、しっかり安定させていかなければ、いくら上半身を改善してもパフォーマンスが目に見えて向上していくことはありません。上半身の動作を最大限活かすためにも、まずは足部を適切な動作で安定させるところから始めてみてください。

当野球塾コーチングコース一覧


Littlerockheartは個別指導タイプの野球教室
投手育成コラムを書いているのは個別指導タイプ野球塾のLittlerockheartです。
子供から大人、初心者から上級者まで、お好きな時間にマンツーマン指導を受けることができます。
まずは無料体験コーチングで質の高い指導を体感してください!
  • 怪我をしにくい適切な投げ方を身につけられる
  • 制球力を乱している原因をピンポイントで改善できる
  • 球速をアップさせるための動作連動を高められる
野球教室の無料体験お申し込み


コラムカテゴリー:ピッチングモーション
コラム著:Coach Kaz
前のコラム 上半身の力を抜いてボールを投げるための一つのコツ
次のコラム O脚などのアライメント不全はすぐに改善しよう

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論  アライメント  イップス  コンディショニング  コーチング論  トレーニング  ピッチングモーション  プロテイン・サプリメント  リハビリ  ルール  制球力アップ  動画  嗜好品  変化球  女子野球  少年野球  投球動作分析  投球術  球威・球速アップ  肘が下がる  野球塾の必要性  野球心理学  野球物理学  野球肘  野球肩  食事 

Copyright(C) 2010-2018 Littlerockheart All Rights Reserved.