投球動作,足部

トップページ > 投手育成コラム > 投球動作は体の最下部から作り上げることが大切

投球動作は体の最下部から作り上げることが大切

投球動作を改善する際、腕など上半身の動きばかりに注目してしまうことがあります。しかしこれは根本的な動作改善にならないことも多いのです。と言っても上半身の動作改善をする必要がない、というわけではありません。上半身の動作に欠点が見つかった際は、それをしっかりと直していくことは大切です。

ですがそれ以上に大切なのは、下半身の動作が最適であるかどうかを確認することです。単純に考えてみてください。もしピラミッドの一番下の段の石の並びがいびつだったり、バランスが悪かったりすれば、それよりも上の段が安定することは絶対にありません。投球動作も同じです。最下部である靴を履いた部分、足部の動作が安定していなければ、足首よりも上が安定することはないのです。

投球動作を改善するためには、まず一番下(足部)と一番先に行う動作(ワインドアップ等)を見ていく必要があります。この2つのポイントが改善されないままでは、上半身の動きをいくら工夫していっても、根本的な動作改善には繋がらないのです。順番的にはまず足部の動作を改善し、それから足首、膝、股関節、体幹というように、見るポイントを徐々に上に上げていきます。

投球動作を作り上げるという作業は、ピラミッドを造る作業とよく似ています。下の段から下の段から作り上げ、一番上にあたる部分(ボールを握っている手部)は、一番最後に仕上げとして整えるという考え方が望ましいと、Coach Kazのマンツーマン野球塾では考えています。

上半身の動きを見る方が意識しやすいですし、指導する際もセンセーショナルなコーチングを行うことができます。ですが本当に重要なのは足部の安定感なのです。足部、つまり靴を履いた部分が最適な動作を取り、しっかり安定させていかなければ、いくら上半身を改善してもパフォーマンスが目に見えて向上していくことはありません。上半身の動作を最大限活かすためにも、まずは足部を適切な動作で安定させるところから始めてみてください。
野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 上半身の力を抜いてボールを投げるための一つのコツ
次のコラム O脚などのアライメント不全はすぐに改善しよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾