リラックス,力を抜くについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 上半身の力を抜いてボールを投げるための一つのコツ

上半身の力を抜いてボールを投げるための一つのコツ


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾
杉内俊哉投手の投球動作を見ていると、非常にゆったりとしていて、リラックスできた形で投げていることがよく分かります。理想的な力の抜き方ですよね。ダルビッシュ有投手の投球動作もリリース手前まではゆったりと動いているように見えるのですが、リリースするか否かというタイミングになり急激に動作速度が速くなっています。これも程よく力が抜けているからこそ可能な理想的な形です。

皆さん理想に関しては十分ご理解されていると思います。体は極力リラックスし、上半身ではなく下半身の力を使って投げる。これは誰もが目指すところでありながらも、実際できている投手は非常に少ないというのが現状です。もちろんプロアマ問わずです。その理由は何故なのか?まず第一に考えられることは、リラックスすることと下半身をメインで使うことを適切に指導できる指導者が少ない、ということが考えられます。とは言えもちろん、少年野球などのボランティアコーチでは知識がないだけに、指導する技能がないのは仕方のないことです。

野球で名門と呼ばれる高校野球や大学野球の監督でさえも、それを指導できる技能を持っていない方が多いようです。そのため高校大学では資質を武器に大活躍できていた投手たちが、プロに入ると完全に鳴りを潜めてしまうケースが近年特に多いように感じられます。アマチュア時代には通用していたレベルも、資質だけでプレーをしてしまうとプロでは通用しないということになるのです。

さて、ではどのようにすれば杉内俊哉投手やダルビッシュ有のような理想的な投げ方に近付けることができるのでしょうか?その前に、何故分かっていても上半身に力が入ってしまうのだと思いますか?答えは単純です。上肢というのは脳と脊柱に非常に近いところにあります。そのため脳から出された指令も遂行しやすいのです。一方下肢というのは脳と脊柱から遠いところにあります。それにより脳からの指令が伝達される速度が遅くなってしまうわけなのです。このような理由から、下肢よりも上肢に意識を持っていくことの方が、人間にとっては楽なことと言うことができます。楽であるためにどうしてもそちらを選んでしまうのが、人体というものなのです。

ですので体のどこかに意識を集中させたい場合、それは必ず下肢に持っていくべきだとCoach Kazのマンツーマン野球塾では指導しています。上肢は放っておいてもいつでも意識することができます。しかし下肢に関してはそうは行きません。形状は異なりますが、足の指よりも手の指の方が遥かに器用ですよね?これもやはり手の指の方が脳・脊柱に近いためだと考えることができます。足の指だけを見てもそれだけ不器用なのですから、下肢には上肢の何倍もの意識を持っていかなければ、なかなか思い描く動作を取ることはできないということになります。

最初はぎこちない動きになってしまうかもしれませんが、最短でも2~4週間という時間を目安にして、下肢だけに意識を集中させる練習を試しに続けてみてください。2日や3日でできるようなことではありませんので、できる限り中長期というスパンで見ていくようにしてください。意識するポイントとしては、①足の指で地面を握る、②股関節を内旋させ内股を極力維持する。まずはこの2点、もしくはどちらか1点を意識するところから始めてみてください。

神経というのは使えば使うほど研ぎ澄まされます。今までは下肢に対する神経をあまり活性化できていなかった投手でも、意識を下肢に集中させることにより、その神経を活性化させていくことができます。そしてそれができ、下半身メインで投げられるようになるからこそ初めて、上半身を適切にリラックスさせることができるのです。結論として、下半身が安定していない状態で上半身をリラックスさせることはできません。ピラミッドと同じです。下の段が安定していなければ、上の段を安定させることは物理的に困難となります。

ただ意識するというアバウトな考え方では上手く行きません。ですので上記①と②を参考にし、具体的に下肢に意識を集中させていくようにしてください。
今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 投球時の0ポジションはどのように考えればいいのか?
次のコラム 投球動作は体の最下部から作り上げることが大切
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾