反力エネルギー,ピッチング,物理学について書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 投球3大エネルギー、反力エネルギーを最大限活かそう

投球3大エネルギー、反力エネルギーを最大限活かそう


春に向けてマンツーマン野球塾の短期集中レッスンでガッツリ上達だ!
詳しくは→火の玉ストレート習得クリニック

投球動作で前脚を振り上げてから足部を着地させる瞬間、あなたの軸足の裏はどのような角度で、どちらを向いていますか?少し前にも軸足に関して書きましたが、今回はそれをさらに掘り下げていきたいと思います。

ランディング(前足の着地)の瞬間、もしくはランディング以前の動作の最中で、軸足のかかとが立ってしまう投手は少なくありません。つまりつま先が地面を向き、かかとが上を向いた状態です。下半身主導ではなく、上半身の力に頼って投げるタイプの投手に多いのですが、これはエネルギーをスムーズにボールに込めていくためには、あまり良い形とは言えません。

軸足でプレートを蹴ってしまっている投手もやはり、かかとが立ちやすくなります。なぜかかとが立ってしまうとあまり良くないかと言うと、かかとが立ってしまうとまず、軸足がつま先立ち状態になり、動作にブレが生じやすくなってしまうのです。そしてもう一点、反力エネルギーを効率的にボールに込めることができなくなってしまうのです。反力エネルギーが低下すれば、球威・球速も当然低下してしまいます。

想像してみてください。目の前に大きな岩があって、それを押してそこから除けるという動作です。まず、岩すれすれのところに立った状態で岩を押してみてください。想像しただけでもお分かりいただけると思いますが、岩すれすれのところに立っては踏ん張りが利かないため、力強く岩を押すことはできません。

では今度は岩から1mくらい離れたところに立ち、そこから手を岩に着いて岩を押してみてください。するとさっきよりも踏ん張りが利くようになった分、岩を押しやすくなったはずです。ピッチングの反力エネルギーとは、まさにこれと同じなのです。

岩すれすれに立つと、反力エネルギーを岩を動かしたい方向に使うことはできません。反力エネルギーとは地面から得られるエネルギーであるため、岩すれすれのところに立っては、足の裏の角度を深くできない分(ベタ足になってしまう分)、反力エネルギーは上に向かってしか使えないのです。しかし岩があるのは頭の上ではなく、目の前です。上に押し上げたいのではなく、横に押して動かしたいのです。

一方、岩から1mくらい離れれれば、足の裏、もしくは脚そのものを、岩を動かしたい方向の反対側に向けることができます。すると岩を動かしたい方向に対して踏ん張りが利くようになり、岩を動かせるようになるのです。

ピッチングもまったく同じなのです。位置エネルギー、並進エネルギー、反力エネルギーのうち、反力エネルギーを最大限に高めるためには、軸足の裏は親指とかかとを地面に着けた状態で、二塁ベースを向かせるというのが理想形となります。そうすればボールを投げたい方向に対して必要な反力エネルギーをスムーズにボールに与えることができるのです。

反力エネルギーをスムーズにボールに与えることができれば、球威・球速もスムーズにアップさせていくことが可能となります。

今回の投手育成コラムの難易度はやや高いため、分かりにくい方はぜひ実際にコーチングを受けていただき、もっと分かりやすい解説をCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチから受けてみてください。きっと目から鱗のコーチングをたくさん受けられるはずです。

最新の投手育成コラムは2020年01月16日(木)公開の
『選手を戸惑わせてしまう指導は、コーチングとは呼べない』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 個性を活かし怪我を予防し技術を向上させるSLP理論
次のコラム 着地するつま先の角度は軸脚股関節で制御しよう
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2019
Kazコーチのマンツーマン野球塾