TeamKazオンライン野球塾 HOME  野球塾スーパーサポートコース  野球塾オンラインレッスン30  オンデマンド野球塾 
HOME > 投手育成コラム > 投球3大エネルギー、反力エネルギーを最大限活かそう

投球3大エネルギー、反力エネルギーを最大限活かそう


このエントリーをはてなブックマークに追加
TeamKazオンデマンド野球塾

投球動作で前脚を振り上げてから足部を着地させる瞬間、あなたの軸足の裏はどのような角度で、どちらを向いていますか?少し前にも軸足に関して書きましたが、今回はそれをさらに掘り下げていきたいと思います。

ランディング(前足の着地)の瞬間、もしくはランディング以前の動作の最中で、軸足のかかとが立ってしまう投手は少なくありません。つまりつま先が地面を向き、かかとが上を向いた状態です。下半身主導ではなく、上半身の力に頼って投げるタイプの投手に多いのですが、これはエネルギーをスムーズにボールに込めていくためには、あまり良い形とは言えません。

軸足でプレートを蹴ってしまっている投手もやはり、かかとが立ちやすくなります。なぜかかとが立ってしまうとあまり良くないかと言うと、かかとが立ってしまうとまず、軸足がつま先立ち状態になり、動作にブレが生じやすくなってしまうのです。そしてもう一点、反力エネルギーを効率的にボールに込めることができなくなってしまうのです。反力エネルギーが低下すれば、球威・球速も当然低下してしまいます。

想像してみてください。目の前に大きな岩があって、それを押してそこから除けるという動作です。まず、岩すれすれのところに立った状態で岩を押してみてください。想像しただけでもお分かりいただけると思いますが、岩すれすれのところに立っては踏ん張りが利かないため、力強く岩を押すことはできません。

では今度は岩から1mくらい離れたところに立ち、そこから手を岩に着いて岩を押してみてください。するとさっきよりも踏ん張りが利くようになった分、岩を押しやすくなったはずです。ピッチングの反力エネルギーとは、まさにこれと同じなのです。

岩すれすれに立つと、反力エネルギーを岩を動かしたい方向に使うことはできません。反力エネルギーとは地面から得られるエネルギーであるため、岩すれすれのところに立っては、足の裏の角度を深くできない分(ベタ足になってしまう分)、反力エネルギーは上に向かってしか使えないのです。しかし岩があるのは頭の上ではなく、目の前です。上に押し上げたいのではなく、横に押して動かしたいのです。

一方、岩から1mくらい離れれれば、足の裏、もしくは脚そのものを、岩を動かしたい方向の反対側に向けることができます。すると岩を動かしたい方向に対して踏ん張りが利くようになり、岩を動かせるようになるのです。

ピッチングもまったく同じなのです。位置エネルギー、並進エネルギー、反力エネルギーのうち、反力エネルギーを最大限に高めるためには、軸足の裏は親指とかかとを地面に着けた状態で、二塁ベースを向かせるというのが理想形となります。そうすればボールを投げたい方向に対して必要な反力エネルギーをスムーズにボールに与えることができるのです。

反力エネルギーをスムーズにボールに与えることができれば、球威・球速もスムーズにアップさせていくことが可能となります。

今回の投手育成コラムの難易度はやや高いため、分かりにくい方はぜひ実際にコーチングを受けていただき、もっと分かりやすい解説をCoach Kazのマンツーマン野球塾のコーチから受けてみてください。きっと目から鱗のコーチングをたくさん受けられるはずです。

コラム筆者Kazコーチのレッスン内容をチェックしてみよう!

10人中7人の生徒さんがリピート受講するTeamKazオンライン野球塾の科学的レッスン法

TeamKazオンライン野球塾
TeamKazオンライン野球塾の生徒さんのほとんどが肩肘の故障リスクを軽減し、 同時に球速と制球力をアップさせることに成功しています。 あなたもその一人になりたければ、今すぐホームページをチェック!
http://teamkaz.online

TeamKazオンライン野球塾公式LINE
友だち追加
友だち追加でクーポンをゲット!


このエントリーをはてなブックマークに追加

投手育成コラムカテゴリー

SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

(C)2010-2021
TeamKazオンライン野球塾