腕を振るについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼
2013年04月09日

腕を振るとは、具体的にはどう投げるということなのか

Coach Kazのオンライン・ベースボール・コーチング


「もっと腕を振れ!」、とはよく指導者に言われることです。でも腕を振るとは実際にはどういうことなのか、そこまで詳しくアドバイスしてくれるコーチは少ないのではないでしょうか?結論から言えば、腕を振るとは支点を使って腕を振るということなのです。腕で以って腕を振ってはいけないわけなのです。

この説明ではピンと来ませんよね(笑)。まず悪い方の例、後者の腕で以って腕を振るということですが、これは単純に腕の筋力を使って腕をブンと振ろうとすることです。腕を振る速度がいくら速くなったとしても、腕力を使って腕を振ってしまってはいけません。これをしてしまうと、腕は筋力が働いている分ロックされやすくなってしまいます。肘が痛い投手によくある投げ方です。

そして腕がロックされやすい投げ方では肘を痛めるのはごく自然なことで、さらにこの投げ方を続けてしまうと肘だけではなく、肩にも大きなストレスがかかるようになってしまいます。ですので腕を振ろうと考えても、腕力を使って腕を振ることはしないようにしましょう。

逆に、支点を使って腕を振るということですが、投手にとっての支点(フルクラム・ポイント)とはストライドレッグの膝(振り上げる方の脚)となります。右投手なら左膝、左投手なら右膝です。棒高跳びをイメージしてください。ポールの下先端を入れるボックスと呼ばれる穴、ここにポールを入れた時の安定感(支え度合い)が高いほど、ポールをより大きくしならせ、より高く跳躍することができます。

ピッチングの原理も、棒高跳びによく似ています。ストライドレッグをゆっくり、タイミングよく着地させ、支点となる膝を安定させることによって、棒高跳びのポールのように腕をしなやかにしならせ、より強く腕を振らせることができるのです。

強いボールを投げられない投手の多くは、ストライドレッグの膝にグラつきが生じています。この場合は投球動作全体を見直すことにより、部分的にではなく、連鎖的に投球動作を改善していく必要があります。

投球動作をする際の体には、いくつかのポイントがあります。まず前述したストライドレッグの膝、ここが支点となります。そしてストライドレッグ側の股関節が回旋点(ピボット・ポイント)、スローイングアームが作用点(アクティヴ・サイト)となります。

ちょっと難しいお話でしたが、腕をより強く振るためには腕力を使うのではなく、支点となるべくストライドレッグの膝を安定させ、まず腕が振られやすくなる状況を作るようにしましょう。これができるようになると自然と腕が振れるようになるだけではなく、制球力も安定するようになりますよ。

個人レッスン野球塾

このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム クイックモーションに関する是非
次のコラム 外角低めは必ずしも最強ではなく、こんな打者には要注意

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾