ピッチングモーション,運動習熟,投球フォーム,固めるについて書かれている投手育成コラムです。 / Coach Kazのマンツーマン野球塾

Littlerockheartコーチング料金コーチング予約状況コーチングのご依頼

投球フォーム固めとは「せざるをえない状況」を作る作業

投手は何千回、何万回もピッチングやシャドーピッチングをすることにより、投球フォームを作り、そして固めていきます。人間の体には運動習熟能力というものが備わっており、通常は2000回以上同じ動作を繰り返すことにより、その動作が体に染み込むようになります。ですがもし間違った形で運動習熟してしまうと、それを修正するためには2000回以上の反復により改善していかなくてはなりません。

例えば週末だけ野球をやっている選手の場合、週に100球投げているとします。すると20週間(約5ヵ月)で2000球に到達し、もしこの間ずっと同じ投げ方を続けていれば、その動作が20週間かけて体に染み込むことになります。つまり繰り返した運動動作を習熟するということになります。これはもちろん投球だけではなく、送球、守備、打撃、走塁すべてに言い換えることができます。

投球フォームを固める、とはよく言われることです。では運動習熟能力を使って投球フォームを固めるとは、具体的にはどのようなことを言うのだと思いますか?その答えは、「せざるをえない状況」を作る作業ということになります。これが上手くできた投手ほど、制球力や球威がアップしやすくなります。

「せざるをえない状況」とは、例えば腕の内旋・外旋を見た場合。テイクバックの最深部ではスローイングアームは最大内旋状態にあることが望ましく、そのためにはテイクバックの過程では腕を少しずつ内旋させていく必要があります。この時、テイクバックの前の段階の動作であるセット、もしくはワインドアップで両腕がしっかりと最大外旋状態にされていれば、テイクバックでは腕は内旋するしかなくなるわけです。

セットで最大外旋状態にされた腕を、そこからリラックスさせれば反動により放っておいても内旋するしかなくなります。この状況と、投球動作の動きを絡めていくと、セットで最大外旋状態にしておけば、テイクバックでは腕は内旋するしかなくなるわけなのです。この状況を作り出し、安定させることこそが、投球フォームを固める最大の目的なのです。

投球フォームを固める作業とは、ただ単に同じ動作をいつでも繰り返せるようになる、ということではありません。適切な動作最適な動作をいつでも体現し、ボールを投げられるようになることこそが投球フォームを固める、ということなのです。

並進移動に関してもそうです。ストライドレッグ(軸足ではない方の脚)を振り上げたら、そこから体を捕手方向に向けて並進移動させていくわけですが、オフバランスという状態を作り出すことにより、ストライドレッグを振り上げたら並進移動をせざるをえない状況にしてしまうわけです。そうすれば余計な力(二段モーションなど)を使ったり、不必要なオンバランス状態を作り出さなくても、並進移動せざるをえないだけに、脚を振り上げれば体が勝手に並進移動を始めるようになるのです。

投球動作にとって大切なのは、ひとつ前の動作です。フォロースルーの前はリリース、リリースの前はアクセラレーション、その前はコッキング、その前はテイクバック、その前はワインドアップ。前の段階の動作により、しっかりとせざるをえない状況を作ってあげられれば、投球動作は楽に進めていくことができるのです。投球動作を楽に進めることができれば、当然力む必要もなくなり、リラックスをした腕の振りで伸びのあるストレートを投げられるようになります。つまり先発完投タイプになれるということです。

ですので投球フォームを固めていく際は適切な動作、最適な動作を見つけ、その動作が発生せざるをえない状況を作るという意識で行ってみてください。そうすれば必ず、今まで以上にパフォーマンスが向上する投球動作を作り上げることができるはずです。

コラム著者:Kazコーチ(プロの野球専門コーチ)

【Kazコーチのマンツーマン野球塾コース一覧】

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
3つの大きなメリットをご紹介!

1. 最近は対面式よりも通信講座野球塾の方が人気!
2019年に新登場したKazコーチの通信講座タイプの野球塾。 動画をお送りいただくと、その動画にコーチングを吹き込んで返信いたします。 自主練はそのビデオをリピート再生しながら、常にコーチの話を聞きながら行えるため、 間違った動作で練習してしまうということもありません! 対面コーチングだとけっこうあるんです。コーチング中に教わったことが、 時間が経つにつれて頭の中で薄れてしまったり、間違って覚えたりしてしまうことが。 すると間違った動作を覚えるための自主練をしてしまう危険性が高まってしまいます! でも通信講座ならそんな心配は一切ありません! そのため、実は意外と対面コーチングよりも通信講座の方が受講効果が高いんです!

2. 動画を送るだけの超かんたん受講スタイル!
通信講座なら、一般的な野球塾のように時間や場所を合わせる必要がありません。 好きな時に練習をしてそれをスマホなどで撮影して、Kazコーチに送るだけです。 するとKazコーチがそのビデオにコーチングを吹き込んで 10〜15分程度のコーチングビデオを作成します。 ビデオが返ってきたら、そのビデオをリピート再生させながら練習をして、 またビデオを撮ってKazコーチに送ってください!

3. 無料で1回通信講座を受けられます!
通信講座タイプの野球塾は非常に珍しいので、どんな流れで受講するのかよくわかりませんよね? ですので無料のトライアルコースをご用意いたしました。 もし今スマホの中にご自身の野球動作を撮影したビデオが眠っているようでしたら、 今すぐKazコーチに送ってみてください! そのビデオにコーチングを吹き込んで、わかりやすいコーチングビデオを作成して返信いたします! 百聞は一見にしかず。まずは実際に通信講座を受講してみよう!

Kazコーチの通信講座タイプの野球塾
今だけ1回無料!
今すぐKazコーチにビデオを送ろう!


このコラムは私が書きました。
c-kaz.jpg Coach Kaz / 自己紹介
2010年1月から小学生〜プロ選手まで指導する野球個人レッスンのコーチをしてます。 怪我しない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいています。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターできれば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!
コーチングコース一覧ページ

Coach Kazのfacebookページ Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube
前のコラム 制球力に大きな影響を与える2タイプの腕の振り方
次のコラム 球威に直結するテイクバック時の肩甲骨の動き

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

Copyright(C) 2010-2019
Coach Kazのマンツーマン野球塾