オンバランス,オフバランス

トップページ > 投手育成コラム > 投手はバランスよく立つほど球威が低下する?!

投手はバランスよく立つほど球威が低下する?!

投手が前脚を振り上げ軸脚1本で立った際、しっかりとバランスが取れていることを良しとすることがあります。しかし投球動作を科学的に分析をしていくと、軸脚でバランス良く立つことは、投げるボールに対して良い影響を与えることはほとんどないのです。それどころか、球威を低下させる原因になることもあります。

オンバランスオフバランスという言葉があります。オンバランスとはバランスがしっかりと取れた状態のことで、オフバランスとはバランスを解除した状態のことです。投球動作で前脚を振り上げた際は、オンバランスではなくオフバランス状態にあるのがベストなのです。

前脚を振り上げ始めたその瞬間から、体重を投球方向に傾けていくのです。前足が地面から離れた瞬間から並進移動を開始するのが理想の投球動作です。オンバランスであるのは、両足がしっかりと地面に接地している時だけにしましょう。

ではなぜ軸足だけが地面に接している際にオンバランスではいけないのか?その理由は並進移動の開始にあります。前脚を振り上げるために前足が地面から離れた瞬間から並進移動を開始すれば、並進移動を開始するためのエネルギーを利用する必要がないのです。

しかし前脚を振り上げて軸脚でオンバランス状態を作ってしまうと、そこから並進移動を開始するためのエネルギーが別途必要になってしまうのです。現在ではルール上禁止となっていますが、二段モーションはまさにそのエネルギーとなっていたのです。つまり二段モーションを採用していた投手は、オンバランス状態を作ってしまうことにより、投球動作が一連の動作になり切っていなかったのです。

そのため、オンバランス状態の軸脚立ちと、並進移動という2つの動作を連結させるための繋ぎ目として、前脚をクイックイッと上下させる二段モーションが必要となっていたのです。

ボールの質を向上させるためには、投球動作内にオンバランス状態を作ってはいけません。投げ終わった後は別ですが、それまでは前足が地面から離れた瞬間からオフバランス状態を保つ必要があります。そうすれば並進移動から得られるエネルギーをロスすることなく投球することが可能となるのです。

余分なエネルギー消費を抑え、生み出したエネルギーを効率よくボールに伝えるためにも、投球動作内にオンバランス状態を作ることはできるだけ避けてください。しかし投手によっては、いくら練習してもどうしてもオフバランスだとリズムが取れない場合があります。その場合は無理をしてオフバランスを保つのではなく、オンバランスでもボールの質を高められるような工夫をしていきましょう。

野球部が休止になっている今のうちに
オンライン野球塾でガッツリ上達だ!


野球塾のKazコーチ 10年間で1500人以上に選ばれてきたオンライン野球塾。具体的で超わかりやすいレッスンが大好評。そして論より証拠、まずは受講生の皆さんからいただいた生の声でレッスンの内容の濃さを確認してみてください!
オンライン野球塾の詳細ページ

最新の投手育成コラムは2020年02月18日(火)公開の
『フォークボールは握り方を変えると色んな落ち方をします』

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

前のコラム 力んで投げても投手に良いことは一つもありません
次のコラム 振りかぶった際のつま先の角度は想像以上に重要
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾