野球肘,肘痛,制球難,コントロールについて書かれている投手育成コラムです。

トップページ > 投手育成コラム > 野球肘・制球難は同時に改善できることもあります

野球肘・制球難は同時に改善できることもあります


100分を超すあなた専用の野球教則ビデオを作成!
詳しくは→Kazコーチのオンライン野球塾

パーソナル投手コーチング(家庭教師の野球版)をご依頼頂いた選手の中で最も多かったご相談は、制球難と肘痛でした。2010年から始まった当パーソナル投手コーチングに於いて、制球難と肘痛は二大問題とも呼べるほど、相談件数が非常に多かったのです。それに次ぐのが肩痛と球威アップでした。球威アップに関してはポジティブな相談内容とも考えられるわけですが、肘痛・肩痛・制球難というのはどちらかと言えば、マイナス面を改善させたいという要素が強くなります。つまり投手のほとんどはマイナス面を自覚していて、それを改善したいと考えているわけなのです。

肘痛・肩痛・制球難を投手三大問題として考えると、実はこの改善方法は非常にシンプルであることが分かるのです。制球難を克服することができれば、肘痛・肩痛も同時に克服できる可能性が高く、逆に肘痛・肩痛を克服することができれば、それも同時に制球難の改善に直結する場合が非常に多いのです。つまり、いかに人体の構造に則った適切な投げ方ができるか、ということです。しかし現状はかなり厳しく、少年野球チームでの指導内容が原因でこの三大問題を抱えてしまっている投手が非常に多いのです。

もちろん少年野球チームにも素晴らしい指導者は大勢いらっしゃいます。忙しい合間を縫って最新の野球科学を勉強されている方もいらっしゃいます。ですがそのような指導者はごく一部に限られ、ほとんどの指導者は経験則でしか指導することができないようです。「自分はこう指導されたから、子どもたちにもそう指導する」という考え方ですね。その指導方法や理論が正しければ全く問題はありません。ですが「腕を大きく振れ」「腕は上から真っ直ぐ振れ」「トップの位置ではボールを外側に向けろ」「投球後は体をグラブ手側に流すな」などと指導されている方は想像以上に多いようです。どのような理論を持ちこのような指導をされているのかは分かりません。しかしこの言葉通りの動作を子どもたちが覚えてしまうと、これは間違いなく三大問題を引き起こしてしまうことになります。

治療が必要な状態である場合は除きますが、肘痛・肩痛・制球難には明確な理由が存在しています。コーチである以上、その理由を的確に把握できる能力が求められるわけなのです。Coach Kazのマンツーマン野球塾の投手コーチにはもちろんその能力が備わっています。なぜ肘が痛むのか?なぜ制球が定まらないのか?その理由を投球動作の中からすぐに見つけ出すことができます。ただし肩痛に関しては投球動作以外にも問題点があるケースもあり、その場合は改善までに時間がかかってしまう場合があります。

肘痛に関しては、骨が変形してしまったり剥離骨折なども起こしておらず、でも投げていると痛みが出てくるという場合は、月1回のパーソナル投手コーチングを4~5回続けて頂くと90%以上の選手が確実に改善して行きます。ただしこれは普段の積み重ねをコツコツと続けて行けるかが鍵となるため、それができない選手は残りの10%に加わってしまいます。ちなみに制球難に関しても同様です。制球難にも選手個々に明確な理由があり、それを継続的なコーチングにより改善して行けば、着実に制球力は安定して行きます。

パーソナル投手コーチングをご依頼頂ければ、まずその選手が抱えている問題点をご説明いたします。問題点に関しては選手それぞれ異なりますので一概には申し上げられません。問題点はコーチングの場で直接お話しさせて頂きますが、それを説明させて頂き、なぜそれが肘痛・肩痛・制球難の理由になっているのかを分かりやすく解説させて頂きます。この時コーチの言葉をメモして頂いたり、録音・録画をして頂きご自宅で復習して頂ければより効果的です。

投手にとっての問題点を解決するためには、ただ練習をしていても仕方ありません。問題点がなぜ起こってしまうのかという理由を明確にし、その理由を一つずつ解決していくことが何よりも重要なのです。良くない投球動作で毎日100球200球と練習を続けても、制球力は向上しません。野球にとって反復練習は非常に重要です。しかし間違った方法で反復練習をしてしまっては意味がありません。シャドーピッチングをするにしても、投球練習をするにしても、素振りをするにしても、バッティング練習をするにしても、適切な動作で反復することが何よりも重要です。あなたもパーソナル投手コーチングで正しい投球動作をマスターしてみませんか?

今すぐ球速と制球力がアップする投げ方を
ビデオで超わかりやすくコーチング!

littlerockheart.com
2020年で10周年、1500人以上の個人レッスンを担当したコーチだからこそできる指導! あなたがなかなか上達できないのは練習が足りないからではなく、上達するための方法をまだ知らないだけ!
詳しくはオンライン野球塾へGo!
球速アップ、制球力アップ、野球肩野球肘の改善、打率アップ、飛距離アップ、野球のことならなんでもご相談いただけます!

最新の投手育成コラムは2020年01月21日(火)公開の
『野球塾はこのポイントを気にしながら探すようにしよう』


球速アップは筋肉ではなく技術で目指せ!
今の体格のままでも技術を学べば球速は必ずアップする!
近年、多くの小中高生が体格に頼って速いボールを投げようとして、 本当に多くの選手が肩肘を痛めてしまっています。球速がアップしてもこれでは意味がない! Kazコーチの野球塾なら怪我のリスクを下げながら球速をアップさせられる!
球速をアップさせられる10のテクを身に付けたいなら
↓↓↓↓
火の玉ストレート習得クリニック

原因が存在しないノーコン病は存在しない!
制球力がアップしないのは練習不足ではなく、知識不足!
コントロールが定まらないことには必ず原因があり、その原因動作を改善すれば、 制球力は必ず向上します。制球力は投手にも野手にも必要なスキルです。 今こそ制球難の原因になっている動作を理論的指導によって改善しよう!!
制球力が劇的にアップする10のテクを学びたいなら
↓↓↓↓
制球力劇的向上クリニック

今の投げ方ではいつか必ず野球肩・野球肘になります!
怪我をしてから病院に行くのではなく、怪我をする前に野球塾で動作改善を!
子どもたちが野球をやめる理由の第1位は人間関係で、第2位が怪我なんです。 ボールを投げれば野球肩や野球肘になり、バットを振れば腰椎分離症や手首を痛めたり。 しかし野球で一番大事なことは怪我をしないことです!
肩肘を痛めずに投げ続けられる10の技術を知りたいなら
↓↓↓↓
野球肩野球肘撲滅クリニック

インスタグラムとかもチェックしてみてね!
Instagram Coach KazのTwitter Coach KazのYouTube facebook

野球の通信講座:24時間どこからでも受講
littlerockheart.com
お父さんお母さんがKazコーチのコーチングビデオの内容を覚え、 それをそのままお子様にお伝えいただくと、 野球経験のないパパママも一瞬で名コーチに大変身! もちろんお子様と一緒にビデオで学んでいただくのも良いと思います!使い方はあなた次第!


前のコラム 壁当てをする際の注意点と適切な壁当て方法
次のコラム 運動指導に於ける体罰についてのCoach Kazのマンツーマン野球塾の考え方
このコラムは野球のプロコーチKazが書きました。
c-kaz.jpg 2010年1月から、小学生〜プロ選手まで指導する野球の個人レッスン専門コーチをしています。 怪我をしない投げ方・打ち方の指導には定評があり、時々野球雑誌にも取材していただいたり、 Yahoo!ニュースで投手育成コラムとスラッガー養成コラムを野球関連の参考記事として紹介いただいております。 小学生のうちに良い投げ方・打ち方をマスターしておけば、体が大きくなってからが楽です。 ぜひ早い段階で僕のコーチングを受けにいらしてみてください!そしてもちろん大人の方も受講可能です!

投手育成コラムカテゴリー
SLP理論アライメントイップスコンディショニングコーチング論トレーニングピッチングモーションプロテイン・サプリメントリハビリルール制球力アップ動画嗜好品変化球女子野球少年野球投球動作分析投球術球威・球速アップ肘が下がる野球塾の必要性野球心理学野球物理学野球肘野球肩食事

制球力劇的向上クリニック火の玉ストレート習得クリニック野球肩野球肘撲滅クリニック
安打製造機量産クリニックホームランアーチスト養成クリニック野球の通信講座

Copyright(C) 2010-2020
Kazコーチのマンツーマン野球塾